スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 一つ見ればすべてわかる
2012年09月27日 (木) | 編集 |
形は、どこか一ヵ所を見れば、「その選手のレベルがわかる」というところがあります。そこを見ればその選手のレベルとどう指導されているかが分かるという箇所です。

以前、私は選手は目と指先と背中を見れば全部わかると書きましたが、それとは別に「この形は、ここを抑えているかどうかが大事」という箇所なのです。

一ヵ所というのは言い過ぎかもしれませんが、私の場合は一つの形で2~3か所は、「ここだけは絶対にはずせない」という箇所があります。
勝ち負けは別にして、そこを抑えていれば良い先生に師事しているな、形の本質を抑えているなという箇所です。

そこは、決して技で最も派手な箇所や、気合の場所とは限りません。むしろ、何気ないところに選手のレベルが現れるので、かえって地味なところの方が多いと思います。

例えば、数か所を例に挙げると、剛柔流のサイファなどは片足で立って掬い受けと抑え受けをする箇所で選手のレベルを見ます。片足で立つとバランスを取ろうとするあまり、受けが疎かになります。中には両手でバランスを取っているような選手もいます。
ここで、しっかりと立てて、受けを強く、蹴りをビシッとできれば、合格というところでしょうか。

セーパイは、弾指打ちをした後に、片手で擦り上げるように受け、もう一方は抑え受けの箇所です。ここで、脇の締めや肩甲骨、三戦立ち等をチェックできます。
おそらく、形全体から見ればここがしっかりできてもできなくても勝負に致命的な影響はないでしょう。
しかし、そんなところに本物の基本を身に付けているか、そうでないかが最も出ます。

やはり、形は後ろから見た方が良いですね。誤魔化せないところにこそ、その選手の本当の実力がにじみ出ます。



私は、「形は年寄りに習え」というのが持論です。年配の指導者は、競技としての見栄えよりも、使えるか使えないかを考えて形をやっていますから、自分の先生が年を取っている必要はありませんが、やはり年配の先生に定期的に習い、ダメ出しをたくさんもらいながら仕上げていく方が良いかと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 先日、知人の方から先生のブログを紹介してもらい、いつも感心させていただきながら拝見しています。
 9/25の記事での「抜く」に関する御考察は素晴らしかったです。実際自分でやってみると、極めの力が強くなったのが体感できましたが、一つの疑問が出てきました。
 私の通っている道場では、追突きの際、運足の前足を先に着地させ突きを後に持ってきます。ですが、この場合前足の着地により前進のエネルギーが地面に吸収されて突きの威力が半減してしまうと思います。なので、相手に突きを放った際、威力を最大限引き出すには自分の自重を拳で相手に支えてもらう瞬間があり、その時前足はまだ中空に(と言っても皮一枚くらいの間)居て、前足は突きが極まった瞬間に着地させなければいけないと思うのです。
 これは私が空手を始めてからの10年来の疑問であり「抜き」を稽古するようになってから、ますます謎が深まるばかりになりました。もし良ければ御検討をお願い致します。
2012/09/28(Fri) 06:47 | URL  | yuki #WBgxAo1s[ 編集]
私は、最終的には前足が着地する前に突きが決まっても、着地後に突きが決まっても同じでなければいけないと思っています。コメントに書かれているのはその通りですが、前足の着地でエネルギーをロスしないために抜いているのですから、結果的には着地してもしなくても「同じ」であることを追求しなければいけないのではないでしょうか?

ただし、技の習得過程では、1、前足を着地させてから突く 2、着地と同時に着く 3、前足が着地するまえでも突ける という順を踏んだほうが良いかと思います。

私は、突きひとつをとっても、「どの距離でも威力は同じ。」(これは、追い突きのように大きく一歩踏み出すものから、密着した状態まですべてです。)「どの立ち方でも威力は同じ。」(前屈立ちから鷺足立ちまですべて威力は同じ)を追求すべきだと思っています。

立ち方なんかも、支持面積が大きくて重心低い方が威力があると思われていますが、実際には片足で立っても威力は同程度になります。(姿勢がしっかり取れていればですが・・・)

抜きに関しては、他にもいろいろとあるので、また書きます。
2012/09/28(Fri) 09:49 | URL  | 月井 #-[ 編集]
 早速のご回答、技の習得過程まで記載して頂いてありがとうございます。
ご回答して頂いたコメントに関して大変失礼だと思いますが、また質問があります。
>前足の着地でエネルギーをロスしないために抜いているのですから、結果的には着地してもしなくても「同
>じ」であることを追求しなければいけない
 この場合、当てはまるのは追突きだけなのでしょうか?逆突きは大地の反動を両足の捻転から腰、肩、肘、手首、拳へと繋げる技ですが、前足を着地しなくても同じ身体運用を行えるのでしょうか?また、以前仰られていた「極めの際の抜き」も当てはまるのでしょうか?
2012/09/28(Fri) 23:10 | URL  | yuki #WBgxAo1s[ 編集]
 ちなみに、何故ここまで必死に突きに関して御伺いしているかと申しますと私には突きしかないからです。突き命なんです!!
 空手を始めてから今の道場に来るまで、理論立てて教えて下さる先生、先輩が居らず組手の仕方もよく分からないまま過ごして来ました。自主稽古も移動基本、型稽古以外は以前の先生に言われた巻藁突きしかやっておらず、今でも試合でポイントの取れる技が連続逆突きしかありません。無論刻突き、蹴りも同じ様に稽古していましたが、巻藁突きの稽古の成果が偏って効いているのか…
 大変ご迷惑だとは思いますが、私もまだ現役で居たいので、お手すきの際は御指導、御鞭撻お願い致します。
2012/09/28(Fri) 23:13 | URL  | yuki #WBgxAo1s[ 編集]
私は、突きはすべて、逆突きも刻み突きも当てはまると考えています。例えば、その場で突く時でさえも、前足は必ずしも着地していなければいけないということはありません。
逆にその場突きで前足を浮かせ、その反作用で上体が沈む力を利用して突くこも可能です。

踏み出しながらの逆突きも同様で、足を着地させてから、股関節・膝・足首の抜きで突進力を活かし、加えて落下を使って突く場合もあるし、足を着地させる前に突進力をそのまま拳に乗せて突く場合もあるので、やはりその場その場で必ず有効な使い方があると思います。
2012/09/29(Sat) 03:50 | URL  | 月井 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。