スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 抜くとは?
2012年09月25日 (火) | 編集 |
よく、膝を抜くと表現しますが、抜くのは膝だけではありません。股関節・膝・足首を同時に抜きます。

その時に、股関節は前方向から、膝関節は後ろから、足首は前からと、すべて曲がる方向に抜くことが大切です。

特に、膝というと膝小僧をイメージしてしまいますが、空手の場合は膝の裏を意識した方が良いでしょう。前屈立ちの後ろ足のように張るのも膝の裏、抜くのも膝の裏です。

膝を抜いた時に股関節が突っ張ったままだと、うまく前進運動に変換することができません。股関節を前方向から抜くことで状態が安定し、身体全体が何か見えない力に押されるような感覚で、まるで自分の力で動いているのではない感覚が宿ります。

抜きは、始動時に行うだけではありません。極めの時も抜くことが重要です。突きを決める時は、前足を突っ張ってしまうとせっかく前進運動で得たエネルギーを無駄にしてしまいます。

前進のエネルギーをそのまま技に乗せるには、極めの瞬間にやはり前脚の3つの関節を抜いてください。すると不思議なことにブレーキをかけたわけでもないのに、上体がピタッと決まるのです。
実際に、ミットを突いてみると、前足をドンと踏み込んだ突きよりも、前脚関節を抜いた突きの方がはるかに重いことがわかります。


組んで相撲を取っても、脚が突っ張ってしまったら、力負けしてしまいます。逆に脚の力を抜き続けていると、まず押し負けることはなく、どちらに投げられても楽に踏ん張ることができます。



結論として、抜くのは始動時のみでなく、大事な場面では必ず抜くことが大切ではないかと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。