スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ステップはエビよりもカニ
2012年09月13日 (木) | 編集 |
二回に渡って、間合いについて書いて来ました。相手からは自分が遠く、自分から相手は近い間合いについてでした。

今回は、ステップについてです。私は過去に出したDVDでステップは主にサイドステップから組手につなげて来ました。理由は、近距離の移動は、前進後退するよりも、サイドステップの方が速いからです。

私が思うに、日本の組手スタイルは正面か半身に構え、前進後退が主のような気がします。
海外では、ほとんどの選手がサイドステップを応用しています。

例えて言えば、剣道とフェンシングの違いです。

近年、日本の選手が海外の選手に触ることも出来ないということを時折聞きますが、体力差よりも根本からステップが異なることが大きいと思います。

近年の競技レベルの飛躍的向上に乗り遅れないためにも、これまでの固定観念を捨てて、全く新しいものに挑戦する覚悟が、指導者と選手には必要ではないでしょうか。

ステップも、エビを捨ててカニを取り入れることが必要だと思います。
空手に関しては、エビよりもカニの方が速いといったところでしょうか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。