技で勝って競技で負ける
2012年09月03日 (月) | 編集 |
昨日、当道場生が出た大会で、気になることがありました。形の試合で技では明らかに優位にありながら僅差で負ける選手が多かったのです。

身内からの意見としては、「なんで負けなの?」という声もありましたが、私は、「もしかしたら負けもあり得るな」と思って観ていたので、あまり驚きませんでした。


審判は、よほど親しく交流を持っていない限り選手の事を知りません。ですから、知らない選手ほど技以外にも多くの情報を得ようと、顔つきや姿勢、気合等をチェックします。

結局は、初めて見る選手ほど、技以外の印象が勝負を左右する確率が高くなると思っています。


私は、必要以上に顔に力が入ったり、技を大げさにやったり、リズムのないぶつ切りの技は好みませんが、やはりだからといって、普通の顔で普通の気合、すべて普通にやっていては、敵を仮想した形にはなりません。


当道場生を観ていると、基本はできているが今一つ勝負をしている、戦っているという感覚が薄いように感じました。そうなると、目力があり、気合の大きな選手の方に審判の心は動いてしまうのは仕方がありません。

先日も書いたように、「絶対勝つんだ!」という覚悟を持った形と、「とにかく頑張ろう」という気持ちの形を比べれば、少々下手くそでも絶対に勝つという意気込みでコートに入った者の勝ちです。


いくらなんでも、表面だけの演技で鬼瓦のような顔をしたり、気合を入れているふりをして力みまくっているようでは、審判に見透かされてしまいます。
ただ、「こいつはできる!」と審判に思わせるような貫録は必要です。

それを考えると、当道場生は「技で勝って競技で負けた」と言えるのではないかと思うのです。競技で勝つために変に形をアレンジすることは良くありませんが、競技でも評価されるような形を行うにあたり、人間性が顔つきや立ち姿に投影されるようにならないと、頂点に立つのは難しいのではないでしょうか?

そこが当道場の課題だと感じたということは、私の指導がその点で至らなかったということです。
また、私の指導もイチからやり直しです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
月井先生
はじめまして。
先生のDVD購入させていただき私の指導の参考にさせていただいております。今回の先生の「技に勝って競技に負ける」を読ませていただいたところ私も現在悩んでいた事とまさに合致し、それに対する回答も「なるほど」ととても参考になりました。

2012/11/05(Mon) 12:20 | URL  | ととやん #-[ 編集]
コメントありがとうございました。

先日、ある大会で審判をしていた時、形の某全国王者が3-2の僅差で勝ちました。会場は、大いに沸きましたが、その時の大会の副審判長が私の後ろを通った時、「あの選手はなんて名前?」と訊いてきました。

私は、「全国王者の○○です。」と答えると、その先生は「割れたけどやっぱりあの選手の勝ちだよね。形に隙がないから。」と答えたので、私はさすがだなと感心しました。

私が生徒たちに口癖のように言っていることは、「技の極めの強さは、上に行く選手はほとんど同じだ。2-3か3-2か審判構成でも変わるし、好みでも勝ち負けが分かれる。
しかし、そんな時でも必ず3-2で勝てる選手がいる。そういう選手は技と技のつなぎに隙がない。技と技のつなぎで、普段の生活習慣、ひいては人間性が出る。そこで隙のない選手は割れても3-2で勝てる。」ということです。

審判は、そんなに贔屓はしていません。一方に勝たせようという意図が働くのではなく、人間性を感じる、つまり目に見えないものを感じて旗を上げる場合もあるということですね。
2012/11/06(Tue) 12:45 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック