気持ちの持ち方
2012年08月19日 (日) | 編集 |
大会で選手たちの頑張りを見ていると、勝てる子と勝てない子の差がよく分かります。特に形においては顕著に表れますね。

みんな頑張っているんです。それは観ていて良く分かります。

でも、「絶対に勝つぞ!」と思ってコートに入る選手と、「頑張ろう。」と思って入る選手では、雲泥の差があります。惜しいのが、技で勝っていて気迫で劣っている選手です。
うまいのは赤だけど、淡々とやっている。青は少々突っ込みどころはあるが気迫がすごく、一つ一つに気持ちが入っているという場面では、判定は割れても青に上がります。

結局は、選手自身がどれだけ勝ちたいと思っているか、というよりもどれだけ勝ちたいと熱望しているかというところだと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック