スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 オリンピック閉幕
2012年08月13日 (月) | 編集 |
オリンピックが終わりました。やはり、オリンピックは数々の感動を与えてくれます。空手道も早くオリンピック競技になって、あの舞台で選手たちに輝いてほしいと思います。

今回は、史上最多のメダル数を獲得した日本ですが、前々回のアテネと比べ金メダル数は激減したので、必ずしも手放しでは喜べないところです。

今回は、ビデオによって判定が覆されることが多くありました。柔道・フェンシング・ボクシング等、こんなにも誤審が多いんですね。


その中で、なでしこジャパンの佐々木監督は、決勝戦においてハンドを見逃したドイツ人の審判に対し、試合後のインタビューで一言も非難しなかったのは立派でした。ジャッジによっては日本の勝ちもありえたにも関わらず、「審判の判定を尊重します」と言ったのはご立派の一言です。
9月で契約が切れるということですが、今後も監督を続けてもらいたいと思ってしまいます。


一方、男子サッカーは完敗の内容でした。競技場の柔らかい芝の状態で作戦を変えることなく自滅した形でした。しかし、韓国選手が勝利の後に「独島(竹島)は我が領土」というプラカードを掲げたことはまずかったですね。
試合そのものは韓国の完勝でも、あれでは相手に対し尊敬の念を持てなくなります。

ただし、ここで日本人も決して感情的にならず、冷静に抗議をすべきだと思います。ネットで罵倒合戦などしようものなら、どっちもどっちになってしまいますから。
私は、プラカードを掲げた選手のメダルはく奪が妥当だと思います。前日に勝った時にどうしようかと選手同士で話し合っていたのに、「勝ったことで興奮しており故意ではなかった」はないですから。


そういえば、今回のサッカーの韓国チームは、銅メダルを獲ったことで、2年間の兵役を免除されるということです。必死になるのも当たり前だと思います。

日本も同じ状況だったら、絶対に勝っていたでしょう。

まあ、兵役はなければないほうがいいに決まっています。我々日本人は、兵役の義務がないことを感謝しなければいけないと思うのです。

おそらく、そういうことは国が平和すぎて想像もつかないでしょうね。

韓国人は、青春真っ盛りの時期に2年間も兵役につかなければならないのです。日本人とは危機感が違うのは当然です。


そういえば、あの永世中立国のスイスでさえも兵役の義務があるのを知っていますか?でも、韓国とは違い3週間で43歳までに自分が行ける時に行けば良いので、命の危険はないとは思いますけど、やはり兵役は兵役なのです。


これを考えると、有事の際には真っ先に命を懸けて国を守ってくれるであろう、また災害の際にもただちに出動し救助に当たってくれる自衛隊の皆さんにはもっともっと感謝をしなければいけないと思います。


あれれ!? 後半は、オリンピックとは関係ない話になってしまいました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
【五輪閉会式】景気後退、将来への懸念は消えず 政争の予感も―【私の論評】イギリスの今日の姿は、明日の日本の姿である!!
こんにちは。ロンドンオリンピックが閉幕しました。英中央銀行のイングランド銀行は先週、英国経済が長期的なゼロ成長に突入したとの展望を発表しました。景気後退期がどこまで続くか、将来への懸念が危惧される状況にあります。この不況は、日本でいえば、消費税にあたる付加価値税導入によるものです。不況の最中、財政再建を目指すために導入されたものです。しかし、結果といえば、景気が後退し、税収が減るばかりで、このまま低成長と高失業が続けば財政再建は全く困難な情勢です。この状況に対処するためイングランド銀行が、大量増刷をはかりましたが、それでも不景気が続いています。イギリスがこんな状況にあるにもかかわらず、海の向こうの日本では、増税法案が参議院を通過しました。もし、このまま増税してしまえば、イギリスの大失敗の教訓が生かされず、イギリスの二の舞を舞いそうです。しかし、日本では、まだ増税することがはっきり決まったわけではありません。平成14年の4月に増税を実施するためには、来年の秋に政権の座についている政府が増税すると決定してからということになっています。来年の秋といえば、まだ、1年あります。その間に選挙があれば、有権者として、増税しないと公約する政党に投票すべきです。そう思うのは、私だけでしょうか?詳細は、是非私のブログを御覧になってください。
2012/08/14(Tue) 09:11 | URL  | yutakarlson #.BcbyNME[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。