慣れるか?利用するか?
2012年08月03日 (金) | 編集 |
オリンピックで日本チームは苦戦を強いられています。私が海外のナショナルコーチをしている時に、日本と海外の発想の違いがあることに気づきました。
空手のルールは、これまでも何度も変更されて来ました。海外のコーチや選手たちは、変更が決まると、まず新しいルールを勉強します。これは日本も海外も同じです。

ただし、学ぶ過程で決定的に異なる点があるのです。日本人は新しいルールに早く慣れようとします。慣れればまた自分の実力が発揮できます。
対して、海外の人間は、新ルールをどうやって利用するか?いち早くルールの特性や盲点を見出し、相手よりも一歩でもリードしようとの姿勢が見て取れます。

柔道がオリンピックで大苦戦していますが、どうもこの発想の違いも少なからず影響を及ぼしているのではないかと思います。

「また変わったのかぁ~」と嘆き、いやいや覚えるよりも、変わったことをチャンスと捉え、少しでも他よりもアドバンテージを得ようとするのでは大きな差となるのではないでしょうか?

空手界も今年からルールが変わりました。これをチャンスと捉えて研究し、他に先んじてみませんか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック