進化した
2012年08月02日 (木) | 編集 |
長くて熱~いインターハイが終わりました。まずは、宮崎第一の組手4種目中3種目の優勝、おめでとうございます。素晴らしい調整で全員がしっかりと仕上げてベストコンディションであることが良く分かりました。
そして、これで昨年夏から3連覇となった山田沙羅選手、安定感は抜群でした。そして、決勝戦での素晴らしい刻み突きは進化の証です。

形も、久保選手は本当にうまい!剛柔流の私から見て「うまい!」と唸ってしまうほどの技です。表面だけきれいに見せようとは思わず、技の一つ一つに説得力がありました。
女子の古川選手は、良い意味で女性らしい形です。完璧に自分の形として完成されていると感じました。

でも、優勝した選手やチームだけでなく、惜しくも途中敗退した選手も、確実に進化していましたよ。何が違うかといえば、国際大会を経験した選手が在籍する学校は、確実にその影響が出ていて、他の選手もその選手に引っ張られていました。

蹴りや投げで一本を取れる、それもこれまでにはないタイミングで技を出す選手が増え、会場から見ても「エッ!」と思うような素晴らしいタイミングで虚をついていました。

基本的には、空手の本質は変わりません。ルールが変わっても良い技であればポイントになるのは、競技として始まった時から一緒です。

加えて投げがあるので、腰の強さも重要になってきた、全体的には強い選手が勝つようになってきた。そんな印象がありました。

仮題は、中段突きでしょう。まだ、タイミングだけで腰の入らない突きがポイントになっていました。もっと、腰を入れて突かないと、国際大会では取ってもらえないような気がしました。

また、カテゴリー2のペナルティも、もう少しとっても良いのでは?と思う場面が随分とありました。時に、反対の選手がペナルティを取られた場面もありますが、これはどの試合でも同じです。離れようとして、相手がつかんで離れられないと、その選手にペナルティが来る場面があります。

海外の審判講習会では、全体的なことではなく、組み合った時に「どちらがペナルティか?」といった具体的なことをパワーポイントを使って行う場合が多いので、助かります。


全体的には、確実に進化の跡が見られ、見ごたえのある大会でした。

まあ、何よりも高校生の全身全霊を込めた戦いを観るだけで、十分に見ごたえはありましたけどね。選手たち本当にご苦労様でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック