覚えられない子どもには・・・
2012年07月29日 (日) | 編集 |
最近、指導をしていて不思議なことがあります。小学生で一切覚えない子が多くなっていることです。

例えば、形の分解を教えている時に、攻め手は左の突き、受け手は左の上段挙げ受け、その後中段の突きで反撃したのを、攻め手が受けて…と、決まったパターンで教えていると、最初の動作から間違っている。

私は、その時は懇切丁寧に教えず、「そこ、違うよ!」とだけ言います。全員が同じことをしているわけですから、周囲を観ればわかると思うのですが、周囲を一切観ずにひたすら自分で考え、また同じことをやる。
私はまた、「だから、そこ違っているよ!」と言う。
すると、また自分でひたすら考え、数分後にまた同じ間違えをする。

私は、ついに「自分がわからない時は、なぜ周りの出来る人を見ない?みんな同じことをやっているんだぞ!」と、毎回言わざるを得なくなりますが、今度は何分もジッと観ているのに、またこれまでと同じ間違えをする。

昨日も、こんな生徒が4組ほどいました。たった2~3動作の約束事を1時間かけても一切覚えない。最初の動作から間違っている。

おそらく、説明を聞いている時に、左の突き⇒右の受け⇒左の前蹴りという説明が、耳に言葉としてではなく音として聞こえているでしょう。
また、出来る人を観ろと言われ見ている時にも、間違っている箇所だけをみて、突きは右か左か?足はどちらが前か?とチェックせず、単なる風景として視界に入っているので、何十分見続けても自分の間違いが認識できないのだと思います。

剣道には、見取り稽古という言葉がありますが、空手も同じで教わらなければできないというのではなく、他者の技や動きを見て盗まなければいけません。


試合でも、何度も何年も同じパターンで負けている選手に聞いてみると、同じパターンで負けているという認識自体が欠けている場合が多いのです。他人から、「この入り方ではカウンターをもらうよ」とアドバイスを受けても、同じ入り方をしてカウンターで負ける。それを何年も続けているのに、自分では全く認識できない。


こういった傾向のある生徒に、「なんでできないんだ!?」と叱っても、おそらくわからないのです。自分では間違っているという認識がないのですから。

私は、心理学を専攻しているわけではないので、詳しいことはわかりませんが、このような子は生い立ちの過程で刺激が少なく、脳がまだ活性化していないのではないかと思っています。

ですから、大部分は成長の過程で刺激を受けながら正常化していくものと思っています。ただし、そこで親が極度に手を貸してしまったり、反対に叱ってばかりいると、脳の活性化がはかられずそのまま成長してしまうのではないかと心配します。

では、私はこのような生徒にはどのように対処しているかというと、正直言って空手の稽古だけでは限界があります。こういう子には多くの刺激を与えなければいけないと思っていますから、できるだけ合宿や遠征に多く参加してほしいのです。

一番の薬は、友達と外で思い切り遊び、近所付き合いをして大人とも交流を持ち、いろいろな情報と刺激を脳に与え続ける事だと思っています。

自分の身の回りのことは自分でする。そして、問題が生じれば子供同士で解決する。何か失敗をすれば親以外の大人に叱られる。もちろん、良いことをすれば他人に褒められる。

こんな当たり前のことが、子供の成長や自立を促すことに大いに役立っていると思います。


だから、優秀な空手の道場はと聞かれれば、空手の上達だけを目指さず、地域社会に密着し、みんなで子供の成長を見守っていけるような環境にある道場が理想ではないかと思うのです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック