スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 障害ではなく、個性・才能・希望
2012年07月25日 (水) | 編集 |
空手を指導していると、時折発達障害・多動性障害と思われる子がいます。注意力が散漫でジッとしていられない。次々に質問をしてくるので、こちらが答えると聞いておらず、もう他のことをしゃべっている。何度言っても言うことを聞かない。
一つ一つを挙げて行けばここには書ききれない。空手も覚えようとしないので、全然上達しない。

そんな子がいますが、これは今に始まった事ではありません。昔からこのタイプの子供は存在しました。
ただ、学校で教師に厳しく叱られ、級友に怒鳴られているうちに症状が緩和し、大人になる頃にはほとんど目立たなくことが多かったのです。

続に、AD/HDと言われるもので、その中でもさらに細分化していくつかに分類されているようです。

そちらに関してはネットで検索すればいくらでも出てくるので、個々に調べていただくとして、そのような子が入門して来たら、どうするかという点です。


私の見解は、「指導者や保護者がそういう傾向があるということを把握していれば良く、別に特別扱いをする必要もない。」と思います。

アメリカではこの方面の研究が発達し、症状を緩和する治療も随分と行われているようですが、残念ながら日本では「あの子、おかしい」とのレッテルを貼られ、変わった子と思われるだけのようです。


でも、こういう症状の子って、だいたいにおいて知能が高いんですよ。他人ができることはできないのですが、他人ができないことが出来たり、知っていたりする。

みんなが覚えることは覚えられないが、みんなが覚えられなかったことを覚えることができる。時折、私はそういう子の意見にハッとさせられることがあります。
私の言動で、誰も矛盾に気づかない時、突然「せんせ~!さっき先生は僕たちにこうするように言ったのに、なんで自分では違うことやってんの~?」なんて質問がいきなり飛んでくるのです。

ホント、他人が絶対に気づかないことを当たり前のように気づいていたりするんです。



だから、決してこのような子は、発達障害ではないと思うのです。発育の仕方と度合いが、他の事は大きく違っているだけで、10年後には東大で主席を取っているかもしれず、下手をすればノーベル賞を受賞しているかもしれないのですよ。

これは冗談ではないのです。

AD/HDと思わる偉人には次のような人たちがいます。

政治家    :ジョン・F・ケネディ、ビル・クリントン、ウィンストンチャーチル
武将     :源義経、織田信長、坂本龍馬
企業家    :ビルゲイツ、スティーヴ・ジョブス、ウォルト・ディズニー
学者・発明家 :レオナルド・ダ・ヴィンチ、トーマス・エジソン、アルバートアインシュタイン、

いやいや、他にもここに書ききれないほどの偉人、有名人が幼少時、この症状を抱えていたのです。みんな世界の歴史を、人類の文明・文化を変えた人達ばかりですよ!

では、AD/HDの人間は、皆偉人かといえば、そうではありませんが・・・。

私も、子供の頃そういう傾向があり、授業中にジッとしているとイライラし、高校3年生まで廊下に立たされていました。

自分自身がそうだったこともあり、今もAD/HDの傾向のある子を見ると他人とは思えなくなるのです。
そういう傾向の子でも、今の学校では先生が何もせず、保護者がそういう症状を理解できずに、きつく叱ってしまう場合が多いのです。
こういう傾向の子は、叱れば叱るほど悪い方向に向かっていきます。できないものはできないのですから、他人と同じことを要求してはいけないのです。

特に最も身近にいる親がこれを理解してやらないと、子供は不安になり、ますます症状がエスカレートしてゆきます。少々の迷惑は、親が謝る覚悟でいてほしいのです。

空手だって、上達には時間がかかります。そこを親が我慢して道場に連れて来てくれるかが大事なんです。「うちの子はやる気がないし、友達に迷惑をかけるだけなので・・・」と、親が諦めてしまう場合が多い。

そうじゃないんです。指導者がそれを分かっていて、迷惑をかけられても良いと思っているのであれば、親は頑張って道場に来させ、指導者に任せてほしいのです。

心配なのは、海外では今でも大企業家や偉大な政治家、科学者でAD/HDの傾向のある人が書ききれないほど多く存在するのですが、日本ではあまり聞かないのです。
せっかく、世界に影響を及ぼすほどの才能を持っているのに、無理やり他人と同じことをさせようとして、凡人以下に潰してしまう土壌があるのかと心配です。

このブログを始めた頃に書きましたが、空手界でもどこの世界でも、

「凡人の常識は天才の非常識、天才の常識は凡人の非常識」です。

空手なんか覚えなくてもいいじゃないですか。空手を覚えなくても飯は食っていけます。初心者の形をひとつ覚えるのに2年かかってもいいじゃないですか。もしかしたら、他人が一生かかってもできないことを一瞬のうちにやり遂げてしまう人間になるかもしれないのですよ。

AD/HDというのは、障害ではなく個性なんです。いや、才能なんです。それもとてつもない才能ですよ。だから、空手なんかできなくてもいいんです。
いや、スポ-ツ界でもマイケル・ジョーダンやマジック・ジョンソン等もAD/HDでしたから、10年後には世界5連覇なんていう偉大な空手家になっているかもしれません。

だから、AD/HDは希望だと思えば良いんです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。