スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 人間力
2012年07月23日 (月) | 編集 |
前回は、一流の教師とはどのような人かを書きました。
今回は、生徒一人一人の資質について述べてみたいと思います。

黒帯を取り、後輩の面倒をみさせると、その子の資質が分かります。まず、教えた方の上手下手も重要ですが、それ以前に声がより大切だと感じます。
一所懸命に教えていても、声に力のない子は相手に響かず、結果まったく上達していません。

反面、声に力のある子は、特別大きな声を出しているわけでもないのに、しっかりと内容が後輩の頭に入り、指示通り動いています。

自然体で、優しく指導しても、後輩が集中して指導をうけることができる先輩がいれば、厳しくしても後輩はボ~ッとし、いくら教えてもまったく理解しようとしない。

これは、要領の良い悪い以前に、人間力の有無で人が動くか動かないかの差ではないかとつくづく思います。

同じことを言っても、人が聞いてくれるかくれないか?これは、筋道を立ててハッキリとわかりやすく説明をしても、相手が聞いてくれるかどうかわからない。やはり、話の内容以前に声に力がこもっていれば、人は動きやすいということだと思います。

物静かであまり騒がず、大きな声も出さなくても、声に力がこもっていれば、人の心に響くものだと思います。

私は、将来どの選手がものになるかを予想する時に、現時点の強さはほとんど参考にせず、性格を観ますが、どんなに性格が良くても、オーラがないとやはり一流の選手にはなることはできません。


では、オーラをどのようにして発することができるのか?

こればかりは難しい問題です。発しようとして発するのではなく、自然と出ているわけで、それを他人が感じるかどうかですから。
面白いもので、オーラを発している生徒は、広い会場の大勢の選手の中にいてもすぐに見つけることができます。オーラのない生徒は、すぐ近くにいてもなかなか見つけることができません。

やはり、空手を学んで、強い心と体を作ることは、人間そのもののエネルギーを大きくする、つまり人間力そのものを養っていくことではないかと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。