FC2ブログ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 世界が変わる。日本が変わる。
2018年10月22日 (月) | 編集 |
 9月20日から10月9日まで、海外3か国でセミナーを行ってきました。3か国中2か国は、日本のライバル国ともいえる強豪国でしたが、何人かの代表選手にも指導する機会をいただきました。そのポテンシャルたるや、驚きの連続!毎回、海外にって高いポテンシャルの選手を見ると、「一体、何を食べたらこんな体になるのだろう?」と思ってしまいます。
 こんな凄い海外の選手と互角以上に戦っている日本の選手も凄いです。ますます空手道競技そのものが進化してゆき、いずれはスーパーマン同士の対決になるのでしょうね。

 さて、10月12日から14日まで、東京で待望のプレミアリーグが開催され、大成功に終わりました。私が待望のと書くのは、日本の空手関係者が、世界のトップレブルの選手と日本の選手が戦うのを直に観れるからです。雑誌や動画で観るよりも、試合は直に観た方が迫力や選手間の心理面でのせめぎあいがわかるからです。日本の選手たちも多数出場し、世界の強豪相手に素晴らしい戦いをしていました。
 チケットの売り上げも好調だったようで、いよいよ空手もお金を払って観に行く時代になったということです。運営面もさすがにベテランの先生方が裏方に回り、てきぱきと進行して、間延びしなかったので飽きずに観戦できた。関係者の本気度が感じられました。

 さて、この世界大会以外の国際大会を東京で開催できたことで、今後の日本の空手そのものが急激に変わるのではないかと思っています。空手そのものに関する概念が根本から変わるかもしれません。子供のうちから国際大会を直に観るチャンスがあるわけですから。
 私だって、来年の今頃の空手界はどうなっているのか、具体的に想像できません。おそらく、私の想像以上に変化しているでしょうから。

 あのメダルマッチの鮮やかな舞台で試合ができた日本人選手たちは本当に幸せだったと思います。惜しくもメダルマッチに進出できなかった選手たちも、あの舞台を見れば次は必ずあそこに上がってみせると決意をしたのではないでしょうか。

 いや~っ、凄い時代になってきました。

指導中は、写真を撮らなかったので、アップした写真は、すべて指導以外のものです。

北京体育大学


万里の長城


家


天山山脈



アルマティ


ソウル











スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。