勝負の結果は4種類
2016年11月29日 (火) | 編集 |
勝負は、その名のごとく勝ちか負けかです。しかし、指導者はもう少し細かく勝負を分類します。

勝ちにも次につながる勝ちとつながらない勝ちがある。負けも同様で次につながる負けとつながらない負けがあります。つまり、勝負は、4種類あるのです。さらに引き分けを入れれば6種類ですね。

次につながれば、勝っても負けても褒められます。次につながらなければ勝っても負けても叱られます。
優勝しても叱られることがあります。1回戦で負けても褒められることがあります。

いわゆる、目先の小さな勝利なのか、将来の大きな勝利なのか?指導者は今の結果ではなく、将来の展開までも含めた、点ではなく線で生徒を見ています。

その線は、現在から未来へと続くだけでなく、過去から現在まで伸び、そして未来まで続くものです。その日の試合内容だけではなく、試合の日まで費やした努力も当然評価に入っています。

選手も保護者も指導者も、勝てばうれしいし、負ければ悔しいです。でも、その感情を抑えてでも、褒めるべき時は褒めるべきであり、叱るべき時は𠮟るべきです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック