スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 縦(前屈立ち)よりも横(四股立ち)
2016年09月29日 (木) | 編集 |
10月発売のJKFan12月号の特集は、中段突き改造計画です。以前から、日本人の中段突きはなかなか国際試合でポイントにならないという意見を聞きますし、私もそう思っていました。

日本人の中段突きは、なぜ取ってくれないのかを考え、どうすれば取れるかを解説しています。
下の写真は、改造前のフォームです。通常、日本の選手は99%このように前進しながら突いています。真ん中の写真が日本人の典型的な特徴です。前屈立ちをベースに突いています。
あえて若干遠い距離から突かせてみましたが、この距離だと突きが届いていません。
イラスト3a
イラスト3b
イラスト3c

次に改造後の写真です。明らかに改造後の方が距離が出ています。加えて身体が開いていないので、隙がなく失点の可能性も低いと思います。これは、四股立ちをベースに中段突きを作り、最終的にこのようなフォームになりました。
イラスト4a
イラスト4b
イラスト4c

人間は縦、つまり前に移動するよりも、横に移動する方が動きやすいのです。横に動きながら腰を切れば、突きがきれいに極まります。やはり、最も重要な部分は、真ん中の写真です。面白いことに動き始めから突きが極まるまでの時間は、両方ともほぼ同じです。
でも、距離は改造後の方が遠く、身体も開かない。

この突きを身につければ、中段突きが得意技になることを保証します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。