逆の事をどれだけ技化できるか
2016年06月22日 (水) | 編集 |
本日の某所での指導は、通常の学生が理解するには少々難しい内容でした。

ゆっくりと追い突きをひたすらさせたのです。ゆっくり動くと、技の完成度がよく分かるのです。つまり、速く動けばスピードでごまかせますが、ゆっくり動くとごまかしようがないのです。
突きの最後の瞬間にどれだけ体重を乗せ、力を集中させるか?ゆっくり動くと本当に良く分かるのです。

まず、ゆっくり動いているのに突きが極まる瞬間にドンと足音を立ててしまう、前屈立ちを極めてから突きを出す等、ボロが出てくるのです。

その中で、突きが極まる瞬間の極めを体得させるのに、相手の腹に当て突きの最後の極めを作る稽古をさせました。多くは、腰と肩を入れて拳を押しこんでしまいます。また、膝を伸長させる。とにかく、素人ほど押し込もうとします。

私は、技の熟練度が上がるほど、これらの逆を行うことになると思っています。

つまり素人は、
1、ドンと前足を強く踏み込む。
2、肩と腰を目標に向かって回転させる。
3、腕も必要以上に力み、腕力に頼る。

のに対し、強い突きを行うには、
1、突きが極まる瞬間に、膝裏と股関節を瞬間的に抜く。
2、肩は入れず、腰は突きが極まる瞬間に逆腰を取る。つまり、突く側の腰を引く。
3、腕は、下半身からの力を拳に伝える為の媒体であり、腕そのものの力にできるだけ頼らない。

と、全く逆の事をしなければならないのです。この動きを突きで覚えれば、基本的にはすべての技は共通して同様の身体操作をすれば良いのです。突きが手刀打ちになっても、受けになっても、体幹の使い方は同様です。

力を入れれば技が強くなるのが素人なら、力を抜けば抜くほど強くなるのが熟練者なのでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック