とにかく実行に移してみる
2015年07月28日 (火) | 編集 |
夢は大きいのだけれど、それに見合う努力をしない。

例えば、日本一を目指す強豪校に入りたいけれど、いつもやる気のない試合ばかりして周囲の期待に応えられない。
「高校に入ったら必死にやる。」では、誰もやっていけると信じることができません。
これまでの努力が不足してると周囲に言われているのに、これまで以上の努力をしないで、無駄に時間ばかり過ぎてしまう。
他力本願の生き方では、人生何も変わりません。

強豪校に入れば、自分も強くなるだろう、というのは大きな勘違いです。所詮、やらされている練習をいくらやっても強くなることはできません。
周囲から、「お前じゃ無理だ。」と言われ続け、いつしか自信を無くして自暴自棄になる。では、努力をしていない者に、「お前ならできる!」と励ましても、その言葉に勇気づけられて、これまで以上の努力をすれば良いのですが、言われたことに安心してさらに努力をしなくなる者も実際にいるのです。
誰でも、無限の可能性はあるのです。ただし、それに見合う努力をすればという条件付きで。
これまで、何の努力もしなかったのに、いきなり今日から3倍の努力をしようなんて決意をしてもそれこそ1日で挫折するだけです。

なぜ、突然こんなことを書いたのかというと、努力はしていないけれど夢は大きいという者が、世の中意外と多いのです。現在私が関わっている生徒にも、そんな子がいます。  (私もその類いだったかも? (・。・; )

では、そういう類いの人間はどうしたら良いのでしょうか? これが今日のトピックです。

私は、そういう人間には、すぐに目に見える形で何かを変えることを提案します。夢が大きいなら、それをまずどんな形でも良いので、具体的に第一歩を踏み出すのです。
何か、夢の実現のために毎日あることを少しでも良いからやり続けるとか、決意をした日に頭を坊主にするなんていうのも、古典的ではありますがやらないよりはるかにましでしょう。

心の中で漠然と思っているだけでは、人生何も変わりません。バカらしくても良いから、周囲に笑われても良いから、目に見える形で何かを変えるのです。

周囲に高らかに宣言してしまえば良いのですよ。「今日から俺は変わったぞ!今までの俺ではないのだぞ!」と。
後には引けないように自らを追い込んでしまえば、前に突き進むしかありません。

いわゆる自ら退路を断つのです。そして、自ら進む道を作ってゆくのです。何も行動しないのなら、夢は実現しないことをわかるべきです。
私も、夢を叶えるには、最低限これが必要だと具体的に教えることがありますが、みんな実行に移せないんです。
実行できる人間は、アドバイスを受けなくても最初からやっています。これまでの人生でもそういう習慣が既に身に付いているから、今後も自ら夢を実現できるのです。

とにかく、目に見える形で実行してみましょう。それだけで、将来は随分と変わるはずです。最終目標から逆算して、今は何をすべきか?それがわかればとにかく動いてみる。考えているだけでは、何もやっていないのと同じです。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック