覚え方を覚えなさい
2015年06月23日 (火) | 編集 |
今回の記事は、6月1日の記事と相当部分重複する内容です。

指導をしていて、すぐに覚えてしまう生徒と、いつまでも覚えない生徒の差は、覚え方を知っているか知らないかの差です。例えば、形の稽古をしていていつも同じところを間違える子がいます。一度で覚える子は、覚え方を知っているのです。

まず、稽古の中で法則性を見つけます。形も基本的には左右対称で、回って方向を変えるところなどはどちらの足を動かしてどちらに回るという法則性があります。

すぐにできる子は、法則性をわかっていて、形をまんべんなく最初から最後まで通り一辺倒に打つことはしません。間違えたところやうまくできなかったところを集中的に繰り返します。できるところはそのままで、出来ないところをまず直そうとするのです。

形で回るところは、まずどちらの足を動かしてどちらの方向に回るかさえ覚えれば一度で覚えることができます。

懇切丁寧に手取り足取り教えても、覚えない生徒はいつまでも覚えません。かと思えば、何でもすぐに覚えてしまう生徒もいます。空手も勉強も仕事も、覚え方を覚えなければ効率は上がらないということですね。

今日の稽古でひとつ気がついたことがあります。まったく知らないことを「右も左もわからない」ということがありますが、生徒の中で小学生になっても右と左がわからない子が最近多くなりました。ですから、私は早く右と左を覚えてもらおうと、入門してきた子には、まず右と左を教えることにしています。

で、気がついたことというのは、右と左という言葉を知らないということは、左右の概念が欠如しているということなのです。空手の稽古で右と左を覚えても、家庭や学校で右と左を教え使用させなければ、右と左の概念が育たないので、形を覚える時に多くは、どちらの足を動かせばよいか、どちらに回れば良いか、覚えることができないのです。
「左足を右に動かして回る」と言われても、右と左の概念が薄いと、どちらの足をどちらに動かすか、右か左かを言われても理解できないのだと思います。

これを考えると、昔ながらに「お箸を持つのは右手、お茶碗を持つのは左手」と、幼児期からしっかりと教えることは大変重要なことだと痛感します。
また、空手着の紐をちゃんと結べる子は上達が早いですね。小学生中学年になっても蝶結びができない子がいます。やはり、これもご家庭での仕事でしょう。

特に、幼児などは自分で空手着を着れる子と着れない子では上達度に雲泥の差があります。自分の力で何かをやることで自立心が芽生え、何でも自分から覚えようとすることができているのでしょうね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック