スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 匙加減
2015年05月27日 (水) | 編集 |
私はよく、観客席に座って試合を観戦している時や、審判をしている時に、監督の選手に対する指示を興味深く聞く時があります。

試合前の作戦や試合中の指示は、料理に似ていると思います。
一流の料理人でも、家庭の主婦でも、調味料は同じです。塩、胡椒、砂糖、醤油等、品質もこだわりはあるでしょうが、それほど違わないと思います。
食材も高級な物を取り寄せることはあっても、一流レストランで調理されたからこそ、一流の料理に仕上がります。

つまり、最も大切なのは匙加減(さじかげん)だということです。
空手に話を戻すと、ごく稀に凄い作戦や大技を狙わせる場合がありますが、多くの場合、名指導者は当たり前のことを当たり前に指示しているだけです。

ただし、優秀な監督ほど事前の準備が万端で流れを読みながらピンポイントで指示できている。

「間を潰せ!」「今は行くな!」「右に回れ!」等、ひとつひとつは当たり前の言葉でも、優秀な指導者の指示は、まさしく生きた言葉として選手を勝利に導きます。

優秀な指導者もそうでない者も、使う言葉は同じです。微妙なタイミングやアクセントで、選手という素材を生かすことも殺すこともできる。

時々、監督の指示を聞いていて、「ウーン、凄いなぁ…。」と唸るときがあります。
反面、監督の指示に対して、「今それを言っちゃダメ」と思う時もある。

あっ、言い忘れました。監督は試合中、声を出してはいけないのでした。←これ大事です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。