我慢を教えるということ
2015年03月23日 (月) | 編集 |
試合に勝ちたいと思ったら、道場内で良い稽古をしているだけでは足りません。稽古以外に様々な刺激が必要です。合宿、遠征、合同稽古、指導者の引率なしでの大会参加等、いろいろな状況に身を置いてみると、自分に足りないものは何かを見つけることができます。

強い道場や強い選手と自分を比較して何が違うのか?常に省みる必要があります。特に親の同伴がない状況下ならばさらに子供の本質が理解でき、他人に指摘されることでより成長を望むことができます。

それは、空手の稽古のみではありません。遠征先で自分の荷物の管理がきちんとできているか?無駄話をしないで集中できているか?試合だけでなく稽古中、常に気持ちが集中できているか?汚い言葉使いをしていないか?下品な態度を取っていないか?等、いくらでも勉強になる部分はあります。

気持ちが緩んでいると、細かな部分に顕著に出るのです。それが試合の最も大事な場面で出てしまい、致命的な敗因となることが良くあります。

これらは、どこでも言われているような当たり前のことです。どのような状況下でも考え方次第では自分にとって有益になるし、逆に否定的に捉えるとせっかくのチャンスを無駄にしてしまいます。

子供も、ドンドン至らないところ(もちろん良いところも)を他人に指摘される。それと同時に親も我が子と他の子を比べて、自分の至らない点はどこなのかを知る必要があります。自分は子供に対し過保護なのか?または、厳しすぎるか?
子供も勉強ですが親も勉強です。

子供にとって、ボロボロに負けてしまった。試合がたくさんできなかった。時には以上に寒かった(暑かった)等、その時々で満足できないことが数多くあります。その時、「もうあそこには行かない」となれば、今以上の成長はありません。親も子供が叱られたからテンションが下がり、子供の習い事に対する情熱が下がったとなれば、それ以上の親としての成長も子供の成長もなくなります。

うまく行かなかった時にどうするかで人間の真価がわかります。親もそうです。

今、最も指導者自身が自覚し、保護者や生徒に指導しなければいけないことは、「我慢」を教えることかもしれません。また、何事も自分の糧にできる知恵を養うこと。
子供に我慢を教えたければ、指導者や保護者が我慢をすることです。些細なことで一喜一憂し、「ダメだ!」と結論を出してしまうことはたいへん危険です。

いつもいつも自分にとって、または子供にとって十分な環境を与えられているはずと考えてはいけません。十分でなくともそれを役立てる方法や考え方を持てば、どんな状況下でも無駄ということはありません。

親が我慢できれば子供も粘り強い子に育ちます。親が我慢しなければ子供もあっさりと諦める人間に育ちます。そこを忘れずに指導者も親も子供を育てて行きたいですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/05/10(Sun) 08:35 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック