スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 1-6は単なる5ポイント差、0-1は∞の差
2015年01月20日 (火) | 編集 |
これから書くことは、ある限定的な生徒に対する指摘です。すべてにおいてあてはまるわけではありません。

いつも、負ける時に0-3とか0-4で負ける生徒がいます。自分よりも少し格上の選手には1ポイントも取れません。きれいに戦おうとしてなかなか得点できず、逆に1ポイントづつ相手に点数を積み重ねられてしまう。負けた方からすると一番ストレスの溜まる内容です。

私は、中途半端な戦いでいつも0-1,0-2,0-3、0-4と無得点で負ける生徒に対しては、「すぐに勝てとは言わない。お前の負けパターンは、いつも中途半端に惜しい技しか出せなくて、無得点で負けるんだから、ガンガン攻めて大差で負けても良いからとにかく1ポイント取って負けろ!」と言います。

例えば、1-6で負けた時、その差は単に5ポイントですが、0-1で負けた場合、その差は∞なのです。相手にとっての1ポイントは、3にもなるし6にも8にもなります。しかし、いつも負ける時に0ポイントということは、永遠にゼロかもしれないということです。

団体組手などは、0―1で負ければ次につながるし、1-8で負ければ致命的1敗になりますが、ひとりの選手を育てる場合には、大量の失点よりもたった1ポイントの得点をすることから始めなければならないのです。

負けるのが怖くて小差で勝ちを逃す。こういう場合が、勝たせるのが一番難しい生徒です。ならば、思い切ってガンガン行って大差で負ける、しかし1ポイントをとる。こうなれば先が見えてくるものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。