スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 こんなふうに考えています。
2015年01月05日 (月) | 編集 |
新年明けましておめでとうございます。

年末から、風邪を引き本日ようやく治りました。やはり、年末年始で何もしないと気が抜けてしまい、病気にかかりやすくなってしまうようです。

年末は、毎年恒例の某合宿でした。中学3年生にとっては、おそらく最後になるであろうこの合宿で、ある先生と話していたことを書いてみます。

1、群れちゃダメ
  夜は自主練習で、選手は練習会場に来ても来なくても良いのです。ほとんどの選手は練習をしているのですが、形をやっている選手たちを観ていると、一定の成績を上げている生徒はひとりで形をやっています。いまいち成績が伸びない生徒は、誰かと一緒に練習をしています。
 もちろん、友達と仲良くすることは大切ですし、誰かと一緒にいる子の方が他人の面倒見が良いので、一概に良し悪しは断言できませんが、やはり大事なところでは一人でいられる人間の方が強さを発揮できるのでしょうね。
 このあたりが生徒本人も判断が難しいし、指導者もどのように伝えるか迷うところです。

2、目立て!
  合宿で毎回先生にかわいがられる生徒がいます。柔軟の時に上から押されたり、脚を開かされたり・・・、これはいじめではありませんよ。こういう生徒は、やはりリアクションが面白いので、周囲の雰囲気が盛り上がります。
 毎回、手を抜かず、大きな声で返事をして、いるだけで周囲をやる気にさせる生徒もいます。かと思えば、やたら存在感だけはあるのに、ボ~ッとしていて話を聞いていない生徒がいます。真面目に答えていることがいつもピントが外れていて周囲を笑わせる子もいます。
 組織にとって、こういう存在は雰囲気を盛り上げるのに大きな貢献をしています。また、静かであまり目立とうと思っていないのに、やたら存在感のある子もいます。
 私は、「何でも及第点で取りわけ目立つこともない子と、しょっちゅうやらかして先生に叱られている子を比べたら、後者の方が人生で得をする場合が多いと思います。」と言います。まず、名前を憶えられることは人生にとって重要です。
 指導者というものは、叱った生徒は覚えているものです。かえって褒めた生徒よりも叱った生徒の方が強く記憶に残ります。叱られるというのは、決して悪いことばかりではないと思います。
 とにかく、なんでもいいから目立つこと。これが大事です。とはいっても、なかなかそういうキャラになれず目立てない子も存在します。そんな時は、「空気みたいな存在なら誰にも知られないが、空気よりも薄い存在ならばみんな窒息しちゃうから中途半端に目立つ奴よりももっと存在感があるものだ。何事も中途半端が良くない。目立たないなら空気よりも薄い存在になりなさい。」なんて言っていますが、ここまで来ると私も松岡修造並にわけのわからない人間になってしまいますね。

2、本性は、指導者の観ていない(と思われているところ)に出る
  朝練の時に、面白いことがわかりました。普段の練習では見れない選手たちの本性がよくわかったのです。中学3年生が5名参加し、うち4名は強豪私立高校に進学予定です。1名は、空手ではなく学力で某名門校に行きます。
 5名のうち、ひとりは、四股立ちで何百本も突きと蹴りをさせられている時に、まったく手を抜かず、脚がガクガクいっても高くならずに、気合も大きく思い切り技を行っていました。もう一人は、静かではありましたが手を抜かずに頑張っていました。3人目は要領が悪いのですが、やはり頑張っています。4人目は途中からいかにも死にそうな顔をして手を抜き始めました。5人目は、限界が来る前から手を抜いていました。
 現在の空手の実力でいえば、手を抜いていた後者の方が少々上を行っています。でも、高校生になるとおそらくまったくこの順番どおりになるでしょうね。
 このブログで何度も書いていますが、ベテランの指導者は見えないところ、または見ていないと思われているところで本当の評価をしているというのはこういうところなのです。
 選手はだから手を抜けないのですよ。

 私が尊敬するある高校の先生もおっしゃっていました。

「選手たちのダッシュをここから見ていると本性がわかります。苦しい中で、最後まで手を抜かずに走り切る選手は、入った時は弱くても、最終的にはレギュラーを取っています。」
「最後の10mで手を抜く生徒は、期待されて入ってきても思うように伸びずに終わってしまいます。」
「必ず1番になろうと思って必死に最後まで全力を出すもの、1番で走っているのに最後に手を抜いてしまうもの。3年間でこのダッシュと空手での結果が見事に一致しています。」

 試合の結果よりも、合宿や私生活、そして練習中も先生の観ていない(と思われている場面)の方が、よほど選手の将来を的中させることができますね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。