ビビりは王者の条件
2014年12月23日 (火) | 編集 |
王者の条件を考えた時、自信も度胸もある豪快な性格が第一に浮かびます。

しかし、私は多くの選手を観ている中で、王者に必要な要素はふたつあると考えています。まずは、ここぞという時に開き直れる度胸です。勝負事は思い切りが肝心です。そういった大胆さは誰もが思う王者の条件ですよね。

そして、もう一つ。これは意外に思うかもしれませんが、私は臆病さを挙げたいと思います。

負けることが怖い、相手が強いとビビる。試合前に極度に緊張してしまう。一見、ダメな選手の条件だろうと思うでしょうね。でも、多くの選手を観ていると、度胸だけでは頂点に立つことはできないのです。かえって、ビビってビビりまくるような臆病な選手の方が頂点に立つことが多いような気がします。
大舞台での試合や対戦相手を怖がるよな性格の方が、調整を完璧にこなし、相手を詳細にわたるまで研究します。つまり、不安だから不安を取り除くために万全をきっして試合に挑むことができるのです。

集中力にしても、試合前に極度に緊張した方が、本番になると開き直ってゾーンに入り易いのだと思います。かえって、試合前なのに緊張しない選手の方が、十分に力を発揮できないまま終わってしまうことが多いと感じます。


ですから、試合前に緊張する選手は、緊張は決して悪いことではないというのをわかってほしいのです。極度に緊張したら、あとは開き直って思い切りやれば良いのです。

試合前にビビることと試合で開き直ること、この2つが揃うことが王者になる最高の条件なのではないかと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック