スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 実力で負けたのなら問題ない
2014年08月21日 (木) | 編集 |
私も指導歴が長くなり、若い時よりは今の方が冷静に勝負の分析ができるようになりました。
今負けても、将来勝つ子とはどのような子なのか?
指導歴が長いと何万人という生徒の成長を観ているわけですから、データは十分なほど頭の中に入っています。

先日の全少の試合を観ていて感じたことがあります。
たとえ、形で0-5で負けようが、組手で0-6で負けようが、1回戦で負けようが、子供の将来の空手の成績にはあまり関係がないということです。
つまり、一方的に敗れたのは実力差があるからです。技術や体力は子供の成長の過程でどうにでも変わります。小さい子もいずれ大きくなる。技術が未熟ならば高校大学で毎日練習すれば習得できる。
たとえ、身長が伸びなくても、体力さえつければ何とでもなります。

つまり、技術や体力で劣っていてそれが理由で完敗しても、将来に対しては全く問題はないということです。小中学生の時に、10回やって10敗した相手に、一度勝ったらあとは連戦連勝なんていう例は山ほどあります。

また、週2回の練習で全少に出た子と、週5回の道場での練習に加え、週末は高校に出稽古か練習試合なんていう生活の子を比べれば、後者が勝つのは当たり前です。

ですから、今の勝ち負けは将来においてはあまり参考にならないわけです。

では、選手の将来を占うのに、どこを私は見ているかというと、今の実力を十分に発揮できたかどうかを一番見ています。基準は、相手ではなく自分自身です。大事な試合で100%実力が発揮できたか?もし、大きな試合で毎試合実力を発揮できたならば、たとえ今は負けても、この先技と体力がつけば、それに伴い成績が上がります。

反対に、期待されながらいつも本番になると力を発揮できず不完全燃焼に終わる選手は先が読めません。どんなに実力をつけても、それを100%発揮できるだけの精神力がないわけですから、それを直さない限り将来も勝つことはできないわけです。

選手や保護者は今しか知らないので、同学年や同年代でいつも勝っている選手を見ると、あの子には一生勝てないと思うのではないでしょうか?
でも、現実にはそんなことはないのです。小学校でコテンパンにやられ、中学校でも指一本触れることさえできず、高校になったら少しはましな戦いができるようになり、大学生になったら勝てるようになった例は山ほどあります。

将来性のある選手というのは、下記のことを実践している者だと思います。

1、常に全力を尽くす。
2、今の自分の実力を100%発揮する。
3、諦めない。

全少王者の何割が将来全日本選手権で上位に入賞し、世界で活躍しているかご存知ですか?思ったよりも少ないものです。
反対に、全少や全中に一度も上位に入っていない選手が、全日本選手権の上位を争い、世界で活躍している者は思ったよりも多いものです。

だから、私は自分の生徒だけでなく、知っている選手を見る時に、何位になったかに興味があるのではなく、どのくらい今の実力を発揮できたのかを注意深く見ることにしています。

その上で、もしも自分が高校か大学の監督であったら誰をスカウトするか?そんなことを考えながら試合観戦をしていると本当に楽しいものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。