スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 線上の鬼ごっご
2014年07月30日 (水) | 編集 |
昨日は、稽古の大半を鬼ごっこに費やしました。別にリフレッシュのために行ったわけでなく、立派な空手に役に立つ稽古としてです。

学校の体育館では、バレー、バスケット、その他の競技のコートで色違いのラインが引いてあります。そのライン上しか走れないというルールで鬼ごっこを行います。
基本的に学校の体育館は、白・赤・青・緑・黄色の5色のラインが引いてあります。そして、競技によってラインの引き方が様々です。

そこを、例えば白・赤・黄色の線上だけを走る。はみ出したら失格というようにルールを決めます。あとは、鬼がみんなを追いかけて捕まえるだけです。


さて、これが何の訓練になるかといえば、知恵を養い、視野を広げるためには最適の訓練となります。

鬼になってもすぐに捕まえる者には共通性があります。
 1、1人だけを追わない。
 2、ライン全体を把握していて、どこに追い込むか予め考えている。
 3、ゆっくり間をつめてここぞという時に全力で走る。
 4、止まらずに終始動いている。

これは、空手に限らず重要な事項ばかりです。

まず、1人にターゲットを絞り追い回すと、他の者は休んで体力を温存できます。追われている者も逃げやすくけっこう楽なものです。
ライン全体の把握、これは空間の把握能力であり、空手でもコートをどのように使えるかに関わってきます。5色のラインの中で、決められた数色のラインのみを使う場合、脳がその色だけを認識するようにすれば良いのです。例えば、白と赤・黄色の3色と限定されたら、その3色が浮かび上がり他の色は沈むように見えると良いのです。
決められた色のみを認識できれば、空間全体で自分が移動できるラインが浮かび上がり、どこを移動すれば良いか瞬時にわかります。

ゆっくり間を詰めてここぞという時のみ全力疾走するのは、ライオンやチーターが獲物を捕らえる場合と同じです。これが相手を捕獲するのに最も有効な方法です。

止まらずに常に動き続けることで、相手に考える時間を与えません。止まって考える者は、作戦が決まり動き始めたら、相手がすでに移動しているので、再び止まって考えています。

上記の4項目以外でも、鬼になってもすぐに捕まえることができる者は、ある一人を追いかけていると見せかけて、近くに行くと急にターゲットを変えたりします。

私は、最近の子供たちを見ていて、頭が悪くなったとは思いません。ただ、応用力は昔に比べ衰えているなと感じます。おそらく、衰えているのではなく能力が開花していないという方が正しいでしょう。

うちの生徒でも、習い事ばかりやって、外で友達と遊ぶ機会がない子よりも、習い事は週数回のみで外で友達を遊んでいる子の方が応用力はあると感じます。
それと、何度も言いますが家で自分の仕事を持っている子と持っていない子の差が大きいと感じます。
常に自分で考える機会がある子と、そうでない子の差でしょう。

というわけで、私はマットの敷いている道場・体育館・武道場・野外と様々な条件下での鬼ごっこを考案し、定期的に生徒にさせています。

空手だけをひたすらやるよりも、長い目で見て絶対に役に立つと思うからです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こういったことの積み重ねが、子供たちのために成っていると思います。
先生の改善意識が、そういったアイデアを生み出しており、中々真似できないものです。


2014/07/31(Thu) 09:18 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。