スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 褒めすぎは、ダメ?
2014年06月18日 (水) | 編集 |
面白い記事を見つけました。下記のURLで読むことができますが、厳しい教師の方が成果が出るというものです。詳細は、記事を読んでいただくとして、私はこれを読み、「我が意を得たり!」の気持ちでした。

最近は、生徒や部下を誉めて育てる方が成果が上がるという意見が大半を占めています。確かに、それは事実だと思いますが、誉めてばかりだと効果が薄れるような気がしていました。やはり、誉めるにも誉めるタイミングというものがあります。何度もダメ出しをされ、最後に褒められれば物凄い効果が上がりますが、最初っから誉められていると、それが当たり前になってしまい、効果が薄れるのです。

でも、この記事のような教師になるのは、至難の業であることも事実です。厳しく指導するには、指導者の人格が伴わなければ、生徒の心を傷つけることになってしまいます。
ここがポイントでしょうね。

ですから、この記事を読んで、「よ~し!私もこれから生徒に厳しくあたるぞぉ~!」なんて軽率に指導方法を変えれば、マイナスの効果にしかならないでしょう。
また、生徒の質も十人十色です。初めから厳しく指導できる生徒もいれば、そうでない生徒もいる。ダメ出しを何度されても頑張れる生徒もいれば誉める方が良い生徒もいる。

ここからは、異論・反論のある方もいらっしゃるかと思いますが、私が指導で心がけている点があります。それは、「空手は本来つまらないものだ」ということです。
野球やサッカー等のボールゲームは、最初からゲームとして成立していますから、練習そのものが面白いのです。
しかし、空手は本来、殺し合い(殺傷術)自分の身を守るもの(護身術)ですから、「面白さ」に関してはボールゲームには適いません。

だから、私は「つまらない稽古をいかに面白くさせるか、と同時に厳しくやれるか?」を心掛けています。

元来、私は飽きっぽい性格なので、指導していても生徒よりも先に指導者の私の方が飽きてしまうのです。「あ~、こんなことして、つまらないなぁ~・・・」と、生徒よりも私の方が思ってしまいます。
すると、「なんか面白いことしようかなぁ~」と思い、「こんなのはどうだろう?」と知恵を使うようになりました。

あれ?これでは記事に出ていたミスターKと全然違うタイプの指導者じゃないかと今気がつきました。まあ、無理して背伸びして指導してもうまくいくわけありませんから、やはり自分の器の範囲内で頑張るしかないのかもしれませんね。

でも、下記の記事はぜひ読んでください。本当に参考になりますよ。

http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304827404579106511854921736




http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304827404579106511854921736
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。