スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 気配の正体
2014年05月30日 (金) | 編集 |
数日前、ネットで面白い記事を見つけました。気配の正体に関してです。私は、この記事に大いに納得しました。要約すると次のようなものになります。

※生物が活動すると、体の周りには微弱な電気が発生し、その電気を他の生き物が肌で感じるのが『気配』。
※気配の持ち主がいなくなった後も、気配が残るのでそれを感じてしまう。
※気配を感じるセンサーは皮膚にある細かい産毛のような体毛の先端。

う~ん、まさにその通りだと思うのです。空手に当てはめた場合、気配を消すことで相手の反応は遅れます。例えば、行くぞ行くぞという素振りを見せると、技を出す前に気が飛んで相手に察知されてしまうのです。行かないぞという素振りから攻めると、面白いくらいに技が決まったりします。

私は、間を詰める時、技の出し始めは息を吸うようにしています。息を吸うことで気が飛ばなくなるからです。息を吐くとなぜ気が飛ぶかといえば、息を吐くと身体の前面の筋肉が緊張します。その緊張を相手に察知されてしまうのだと思っています。
その点、息を吸えば身体の前面は、吐く時ほど緊張しません。

この気配は電気という表現に納得いかない人も多いかと思いますが、私は逆に電気と書かれていたので納得をしました。
筋肉を動かすということは、微弱な電気が発生します。ですから、僅かな力み、体重のかけ方、顔の表情等、すべて気配に直結していると思うからです。

ブルース・リーの有名な言葉で、「Don't think,feel!」というものがあります。「考えるな、感じろ」です。
考えるということは、答えが出るまでに時間がかかります。しかし、感じることは、時間的には限りなくゼロです。

加えて、今回の記事に照らし合わせれば、考えることそれ自体、脳に微弱な電気が発生しています。感受性の高い人であれば、考えた時点で既に気配を察知してしまいます。
心を読むには、顔の表情や視線、指先の動き等、多くのチェックポイントがありますが、例えば座頭市のような盲目の人には、それは見えません。しかし、見ないからこそ見える人よりも分かるということも存在します。それが感じることです。

顔の表情は分からなくても、眼の動きを追えなくても、指先の動きが分からなくても、その時に発する微弱な電気を感じることができれば、なまじ見えているよりももっと正確に相手を知ることができるのではないかと思います。

気配を察知する方法も指導してきた私としては、この記事を読んでしてやったりの思いです。

勝負のこつはふたつしかありません。相手に反応させないか、反応させてそれを外すかです。反応させないためには気配を消せばよいし、反応させて外すには、思い切り気配を飛ばしてそれに反応させ、そこを外せば良いのです。

ところで、気配を感じるのは、産毛の先端というのも、面白いですね。空手でも、足の甲や手の甲で間合いを計っているような気がします。

でも、毛深い人が気配を感じやすいということは、私が指導している方法よりも、育毛剤を全身に塗りたくったほうが、よほど気配を感じることができるかもしれませんね。

記事元は下記のURLです。
http://matome.naver.jp/odai/2137828574427330801
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。