上達のこつ
2014年03月24日 (月) | 編集 |
当道場の生徒たちを観ていて、どこの支部も私が教える時は同じくらいの時間数で同じ内容を指導しているのに、まったく覚えない生徒とみるみる上達する生徒がいる。

これが、やる気のあるかないかで解決すれば何も問題ないのです。一所懸命にやっているのに全く上達しない子を何とかしなければと思うのです。


例えば、セミナーや通常の稽古で、新しい技を教えた時、その場でできる生徒がその技を自分のものにするとは限りません。

私がAという生徒が、逆体の相手に相性が悪いと思い対策として教えていても、教えられている生徒は自分のために指導してもらっていると思っておらず、それも練習の時には完璧にできるのに、以後一切試すことをせず、いつまでも同じタイプの選手に勝てない。こんな子が意外と多いのです。

かと思えば、横で私の説明を聞いていて、ちゃっかりと自分のものにしている生徒もいます。こういう生徒は、ドンドン引き出しが多くなってゆき、本番で想定外の事態が起きても対処できるものです。

器用で何でもできるにも関わらず、いつまでも自分のものにできない生徒には共通点があります。その時に一所懸命にやるけれど、そしてほぼ完璧にできるけれど、次の日からそれを一切使わなくなることです。しばらくして私が指摘をするとその日は思い出したように使いますが、また使わなくなる。

いくら器用な生徒でも、その場限りでは絶対にものにすることができません。



異なるタイプもあります。説明を聞いている時に、ちゃんと聞いていないので実際にやる時に注意点を端折ってしまい、自己流になっている場合です。

一方、他の生徒に言っていることを自分もしっかりと実践し、修正している子は絶対に伸びますね。
また、その日はあまり上手にできていないが、次の日もやっている。その次の日もやっている。いつかその技を自分のものにしている生徒がいます。こういうタイプは、不器用さを逆に自分の武器にしています。人並みにできないからできるまで時間がかかるが、諦めずにコツコツとやるので結果的にできるようになる。

いくらセンスがあっても、その場限りで次の稽古の時はすっかり忘れている者は、絶対に成長しません。不器用でその時にできなくても私の目の届かないところでもちゃんとやり続けている者は、少しずつですが上達しています。



土曜日稽古中に子供たちに言ったことです。

「先生は、今日はみんなができない内容の練習をやりました。なぜかというと、出来ない時にみんながどうするかを見たかったからです。いつまでも同じことを注意され、直そうとせずに最後まで全然できなかった人がいます。一方、少しずつ良くなってきた人もいます。

特に、一列に並び自分の番を待っている時の様子を先生は観ていました。自分の番が終わるとボ~ッとして、また自分の番が回ってくると真剣にやる者。自分の番を待っている間に他人がやるのを注意して見ている者。

同じ練習時間でも、〇〇は待っている間はボ~ッとしていますから休憩時間です。でも、他人がやるのをちゃんと観ていた△△は待っている時も練習になっています。先生が説明している時も〇〇は空中をボ~ッと観て聞いていません。△△は先生の方をちゃんと見て聞いています。これがそのまま上達の差になっています。

動いている時だけ練習で、あとは休憩になっている者と、動いていない時も先生のアドバイスに耳を傾け、他人の動きを見ている者では、上達が全然違うのは当たり前ですね。」



また、ある生徒に「今日はこれ一つだけに注意して練習しなさい。あとはいくら間違えても良いから。」と言いましたが、数秒後には注意したところを間違える。こんな生徒も多くなっています。
こういう子はおそらく間違えることに恐怖を感じており、その点だけを気をつけることがかえってできなくなっているのではないかと思います。

例えば、そのアドバイスはごく簡単なことです。例に挙げると「突く時に下を見ない。」等ですが、数秒後に突いた時に、もう下を見ています。また注意すると今度は1本目は大丈夫ですが、3本目くらいからまた下を見始めます。こういう子は、いつまでも直らないので何年も同じことを言われ続け、他の指導者からも同じことを言われます。
だいたいこの傾向にある生徒は、家庭で親が厳しすぎるケースが多いと感じます。

では、厳しい躾けをやめて優しくすれば良いかというと、それよりもできた時に誉めてあげることがもっと大切ではないかと思います。

私は、出来ない時は生徒が泣いてもしつこくさせる時があります。けっこう大きな声を出して何度も何度もできるまでさせます。ここを中途半端にしてしまうと後で誉めることができないからです。できなかったことを何度も何度もやって、泣きながらやらせて、出来た時に誉めてあげる。ここまで教えてあげると、それまでできなかったことはだいたいできるようになっています。


生徒をどのように上達させるか?指導者としての永遠のテーマですね。


土曜日に感じた上達のこつは、まとめるとこんな感じかな?

① 新しく覚えたことは、その場限りでなくやり続ける。
② 注意点をしっかりと聞いて、自己流にならない。
③ 待っている時も他人の動きをよく見る。自分の動きをイメージする。
④ 注意されたところを集中的に直すように心がける。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック