寝食はすべての基本
2014年01月06日 (月) | 編集 |
新年明けましておめでとうございます。本年もネコ共々よろしくお願い致します。

さて、私は元旦生まれで年が明けるとともに誕生日が来て、あわただしい正月を毎年迎えています。昨年は、元旦の朝に黒ネコが行方不明になり、初詣のお願いが、「ネコが帰ってきますように」となってしまい、自分のことや家族のことのお願いができずに終わってしまいましたが、今年は、通常通りの初詣ができました。

私の実家は、閑静な住宅街に建っていますが、目の前が畑で横が空き地になっていて、動物たちには天国のような場所です。毎朝、私はネコたちと散歩に出かけていました。昨年いなくなた黒ネコは、実家に連れて行って土地勘がないくせにひとりで遠出をしてしまい、帰り道が分からなくなってしまったのだと思い、今回は私が同伴で散歩に行き、土地勘を植え付けることにしました。


うちのネコは、私が家を出るとちゃんとついてくるんです。ずっと私の前後を歩いて、家に戻る時も「帰るよ!」と言うとちゃんと後ろをついてきます。困ったのは、年始のあいさつで近所を訪ねた時に一緒についてきて、挨拶先のお宅に上がり込んでしまったことでした。
私が「新年、明けましておめでとうございます。」と言ったとたんにネコが2匹現れて上がり込まれたら、そりゃビックリしたでしょうね。ホントにご迷惑をおかけしました。



さて、先月は、インドでの当会の世界大会、その後年末の29日までに2回の合宿と、年末まであわただしく空手をやっていました。
夏にこのブログにも書きましたが、今回は韓国から6才のくそガ・・・いや、かわいいお子ちゃまから、韓国代表の選手まで、幅広く合宿に参加していただきました。

海外からの参加者を見ていつも思うのですが、小さい時は日本の子供と比べると、ホントに自由奔放でまじめに練習をしないんです。だから、日本人の同じ年齢の子と練習しても全然適いません。レベルに雲泥の差があるんです。

ところが、年齢が上がるにつれて、練習にまじめに取り組むようになります。汗をビッシリとかいて一所懸命に練習してくれます。

また、技術や知識の吸収が早いのにはいつも驚かされます。本質的に頭が良いんですよ。


今は、日本の足元にも及びませんが、彼らが本気になればすぐに追いつかれるだろうなと思ったのが、形を指導した時に感じた彼らの身体の強さでした。
おそらく中学生以上でも、きつい練習に耐える体力は、日本の選手の方が上だと思います。練習量が全然違いますから。

でも、彼らの体幹の強さは半端ではありません。これは私が中国で指導した時も同じことを感じました。その理由が分かったのは食事の時です。
とにかく食べるんです。特に韓国代表の形選手で、アジアでは何度もメダルを獲っているチヘ・チョイ選手の食べることといったら、半端ではありません。

私は常々、自身の指導体験から、「何でも食べる、どこでも寝れる。これが一流になる絶対条件だ!」と言っています。好き嫌いがあったり、枕が代わると寝れなかったりと、神経質な選手は国際大会でのプレッシャーでなかなか実力を発揮できないものです。

その点、彼女の食欲はメガ級の凄さですから、ちゃんと指導を受けたら世界でも表彰台に乗れる時が来るかもしれません。


指導者として、ものすごく教えがいのある選手たちでした。


私は、合宿や合同稽古の時など、みんなで食事を取る時に、最後まで残さず食べさせます。本当に最近は「この子は、おそらく水さえかけておけば。光合成かなんかで生きて行けるんだろうな。」と思うほど食べない子が多いですね。こんな摂取量でよく生きているなというくらい小食です。時に男子が全然食べません。

私が海外に住んでいて、今も時々海外に指導に行って感じること。それは、日本は高校や大学で空手を主にやっていれば優遇され、卒業もできる。でも、海外では学生は勉強を主にしなければならず、空手で特待生になるなんていう国は、ほとんどない。
日本は練習量もダントツで多いし、技術的にも高いのです。

けれど、空手以前の人間としての生命力自体が日本人は弱いような気がします。
だから、小さい時は突きも満足にできないような子が、数年経つと国際大会で日本人に勝ってしまうようなことが頻繁に起きるのだと思います。

首を切り取られても死なないのではないかと思うくらい、タフな選手が海外には多いですから。



それ以外で、私が感心するのは、昨年夏から何度も日本に来てくれているユン先生が、いつも家族連れで来日することでした。本当に家族を大切にしている良いパパなのだなと思うのです。

彼の家族を大切にする姿勢を見ていると、人間として信用できる人だなと感じます。これなら子供も立派に育てることができるだろう。指導者としても信頼出来る人だと確信します。



さて、今月と来月はまた海外への指導が入っています。そうなるとネコと何日も会えない日が続くから、今のうちにネコと遊んでおかなければ。

ところで、ネコを大切にしている私を、世間では信用できる人間だと思ってくれているでしょうか?


熱心に形を習う韓国の参加者たち(上半身裸の奴は無視してください。変な日本人ですから)

韓国


私と散歩するネコたち

neko1.jpg


nako5.jpg


neko3.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック