スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 引き手にこつがある 2
2013年10月31日 (木) | 編集 |
昨日に続き、引き手の話です。引き手ってなんで脇に拳を引くのか、考えたことがありますか?

私はずっと疑問でした。実際の戦いの時に脇に拳を引いたら防御ができないし、突きの衝撃力を計っても数値が低いし、「絶対空手って変だよな。使えない事ばかりだ。」なんて、若い時は思っていました。

ところが、肩甲骨を意識し始めて、上半身の使い方が分かってくるにしたがい、引き手の意味が少しずつ分かってきました。ひとつ分かればふたつ分かる。ふたつ分かればみっつ分かる。ドンドン分かってくるものです。

さて、では何が分かったかというと上半身の使い方です。引き手を取ることで肩甲骨を最大限に使用する。最大限に使用できれば、威力も距離もスピードも明らかに向上します。加えて起こりのない動きも可能になります。

さて、引き手の取り方が分かると、自然に肩甲骨を使って突くことができることは昨日の記事で書きました。では、肩甲骨が使えるとどうなるかというと、突きが決まった瞬間に拳を押してみればわかります。そうとう強く押してもビクともしないのです。

ゆっくりと、肩甲骨を使って突いてみると分かりますが、腹筋が信じられないくらいに締まるのです。別に特別意識して腹筋に力を入れているわけでもないのに、自然に突くだけで腹筋が痛いくらいに締まります。

これは、剛柔流をやっている人は分かると思いますが、三戦の姿勢そのものです。つまり、三戦という形は、ただ、力んで呼吸音を出してやるだけではほとんど効果がないと言えるでしょう。
まず、姿勢を作る。肩甲骨と骨盤の使い方を勉強する。そして呼吸と動作を一致させる。

ここまでわかれば、三戦を行うことで、競技に大きな効果を発揮できるはずです。威力もスピードも増し、おこりのない動きも可能となるわけですから当然ですね。


空手ってつくづく深いなぁと思います。拳の握り方だけでもいつまで経っても分からない事ばかり。引き手も分かれば分かるほどますます次の疑問が湧いてくる。

立ち方もしかり。ただ足を前に出すだけで、なんでこんなに悩まなくちゃいけないの?というくらい疑問だらけ。いつまで経ってもゴールがないどころか、ドンドンゴールが遠くなる。というよりも、ゴールなんてはなからないのではないかと思います。

また、基本と形と組手は分けて考えてはいけない。競技空手も空手のうち、伝統技法と競技としての技術も分けて考えてはいけないと思います。必ず、それらはリンクしているのです。

皆さんも引き手について、今日の稽古で考えてみてはいかがですか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。