スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 慌ただしい日々
2013年10月20日 (日) | 編集 |
しばらく、記事を書いていませんでした。これには理由があるんでんす。私の所属する会派の世界大会が12月にインドのムンバイであります。私は大会実行委員長を仰せつかったので今、準備のためにムンバイにいます。

みなさんが海外旅行に行くときは、何ヶ月前から計画して行くことばかりかと思います。私の場合もそうですが、時々

「明日来い!」

という時があります。

今回がまさにそれでした。
準備で大会前に行かなければならないことは決まっていたので、あらかじめビザは取っておいたのですが、国際電話で

「9月10日に来てくれ」

と言われ、間近になっても何の連絡もなし。9月末に

「10月の第2週に来てくれ」

と言われ、チケットを待っていたら何も連絡なし。

そして、10月初めに

「17日に来てくれ!」

と言われ、16日になっても何も連絡がなかったので、

「どうせ、また延期だろう」

とタカをくくっていたら、午後9時にいきなりeチケットを送ってきました。

慌てましたよ!その時は私は愛知の道場で指導し、これから夜行バスで帰るところでしたから。それを午前中出発の便のチケットを送ってくるのですから。

早朝、新宿にバスが着いて即電車で家に帰り、パッキングを10分で終え、すぐに車に乗って成田空港に向かいました。チェックインできたのが離陸1時間前です。間に合うかどうか、かけに近いものがあったので、呼吸が浅くなり、実際に飛行機に乗るまでは生きた心地がしませんでした。
おまけにうちの支部長、健康器具を頼んだものだから、荷物の制限が20キロまでなのに、その荷物ですでに14キロもある。
自分の荷物は機内に持ち込めるケースとパソコンだけ。完全に運び屋状態でした。

我ながらよく間に合ったものだと感心しています。


ということで、インドに来てから週末の予定のキャンセルの連絡を入れた方々には、この場をお借りしまして心よりお詫びいたします。m(_ _)m


こちらでは空手の指導、大会の打ち合わせに加え、大会のアドバルンをぶち上げるための営業活動を行っています。一昨日は某ミッションスクールの創立150周年運動会に参加し、炎天下の中をスーツ姿でテント内で観戦し、その後2つの学校の経営者に協力の支援要請。
明日は、大々的な記者会見が行われます。
まあ、日本から大会を盛り上げるために来たという設定でアピールして盛り上げたいのでしょう。

よく、新商品のキャンペーンにB級コメディアンが駆り出されて時々滑りながら宣伝をしている、あれと同じような感じですよ。

いろいろと学校を回って思ったのですが、子供たちが皆元気です。学校に入った途端に子供たちが近寄ってきて周りを取り囲む。10人以上がいっぺんに話しかけて来て、「俺は聖徳太子じゃない!」と内心思ったり、小さな手が千手観音のように出てきて握手を求めてきたりと、クチャクチャにされました。
でも、子供たちの好奇心いっぱいの目を見ると、

「もっと、日本の子供たちもこういう目をしなければいけないんだよなぁ…」

と、思ってしまいます。


それにしても、今回の主催者であるうちの支部長の精力的な行動には舌を巻きました。終日いたるところで大きなゼスチャーを交えて熱弁をふるい続けています。普通の日本人ならば耳栓をしたいくらいの大音量での会話は、もの凄いエネルギーです。
これでは首を切っても死なないのではないかというくらいの凄い生命力ですよ。

私は携帯電話を3台持っているのですが、彼はそれ以上持っていました。ひっきりなしにどれかの携帯電話が鳴っていました。


世界に出るということは、政治でもビジネスでも空手でも、こういう人たちを向こうに回して互角以上に渡りあっていくことなんですよね。
この人たちと日本人が互角に渡りあうには、栄養ドリンクを何本飲んで、高麗人参茶を飲んで、にんにく注射を打って・・・、それでも難しいでしょう。

あと2日、こちらでの営業活動を頑張ります。

ムンバイ2
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。