スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スカウトの目
2012年06月26日 (火) | 編集 |
今回は、指導者は選手をどのように評価するかというトピックです。

私がいつも言っているのは、「身体は嘘をつくが、目と背中は嘘をつかない」ということです。身体が小さいとか細いというのは、今後大きく変わる可能性があり、あまりあてになりません。

しかし、「目は心の窓」といわれるように、人間性が如実にでます。背中もしかりで、背中を見ると人間性が面白いようにわかるのです。

さて、高校の先生は、どのような子を自分の学校にほしいと思うのでしょうか?
私は、高校の空手部の先生は人格者が多いと思っています。「さすがに教育者だ!」という人が、私の知っているだけでも多くいらっしゃいます。

さて、その先生方がどんな生徒をスカウトするかという点ですが、面白いことに決して強い選手だからほしいというわけではないのです。
今強い選手ではなく、自分のところに来たら強くなれる子をほしいというわけです。


私の3人の子供は、すべて違う高校に進学しました。それもすべて他都府県の高校です。

二女が全中に出た時のことです。長女がお世話になっている高校と、当時女子の部ではダントツの成績を残していた学校の先生(この3年後に二女がお世話になることになります)が会場にスカウトにいらっしゃいましたが、なぜか試合を観ていないのです。

ほとんどは会場の外にいるか、観客席で試合を観るでなく誰かと話をしています。


私は不思議に思い、外でお二人で話をしている時に訊いてみました。

私「先生方は、なぜスカウトに来ているのに試合を観ないでこのような関係ないところにいらっしゃるのでしょうか?」

A先生「試合は観なくても良いんです。この全中に出られただけで、全員うちに来れるだけの実力がありますから。私は、ここから買い物に来た選手たちが店員さんとどのように会話をするかを観たいからさっきからここにいるんです。買い物をした時にありがとうございましたと言える生徒は、すぐに住所を訊いて当校のパンフレットを渡します。」

B先生「私も同じです。あえて試合は観ないようにしています。実力を知りたければ練習会場の方がより分かるし、ここにいると生徒の本性が出ますから。」

加えて、A先生がおっしゃるには、「会場でも私は試合そのものよりも、負けて帰ってきた時に親や指導者に対する言葉使いをみます。ふて腐れて帰ってくる生徒はいらないし、悔しい中でも周囲を不愉快にさせない心配りができる生徒には声をかけます。」

「女の子でも、バッグに無造作に下着を入れる子は強くなれません。他人に見られたくないものは、袋に入れるかバッグの下にしまう、そんな気配りのできる子をほしいと思います。」


私は、その先生方に感動しました。決して空手が強い子をスカウトしに来たのではない。人間性をみてスカウトするかどうかを決めるというその姿勢にです。

私も、よく保護者の方々から進学の相談を受けることがあります。
その時に、「うちの子じゃ全中にも行っていないのに取ってくれるところはあるでしょうか?」という方が多いのですが、そんなことはありません。
強豪校の先生ほど、大会の成績よりも自分の目で見た、または感じた評価でほしいかどうかを決めるはずです。


強い選手でもチームの輪を乱す者もいれば、レギュラーになれなくてもその生徒がいると雰囲気が良くなり、良いチームを作れることもあります。


どこの先生もほしい生徒は、第一に「声が大きく、返事がよくできる生徒」ではないかと思います。寮に入れるならば、食べ物の好き嫌いがなく、どこでも寝れることが重要となります。
ですから、空手の技よりも、そういった点を注意して我が子を育てることをお奨めします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
目からたくさんのうろこ
月井先生。先日はお忙しい中、本当にありがとうございました。有意義なお話も聞かせていただき本当に刺激になりました。さて、ブログ読ませていただきました。うちの学校の部活動を担当している先生方にも、渡してみんなで読みました。読み終えた後は、なにかすがすがしい気持ちにみんなでなれました。ありがとうございました。
2012/06/28(Thu) 11:30 | URL  | 古橋秀鷹 #-[ 編集]
ありがとうござます。先生も尊敬すべき高校の空手指導者のひとりです。v-218
2012/06/28(Thu) 23:58 | URL  | 月井 新 #-[ 編集]
教育の大切さ
はじめまして。

土佐 樹誉彦さんのブログから訪問しました。土佐 樹誉彦さんのブログから教えられることは多々あります。その教育理念は見事だと思います。

これからは、月井 新さんのブログからも学ばせて貰おうと思います。どうぞよろしくお願いします。
2013/08/26(Mon) 16:02 | URL  | クレーマー&クレーマー #2kbNzpR6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。