喧嘩をしろ!
2013年07月31日 (水) | 編集 |
サッカー東アジア杯での政治的スローガンが掲げられた件で、せっかくの選手たちの頑張りに水を注されてしまったように白けてしまいました。

こちらのブログには、あまり政治的なトピックを扱いたくないのですが、先の東アジア大会の一件があまりにも酷かったので、今回は私の正直な気持ちを書きたくなったのです。


私はあの日、家でホットプレートで焼き肉を食べながら試合を観戦していました。
今回もまた、懲りずに政治をスポーツに持ち出す態度には呆れました。


私はこれまで、「何で日本は堂々と喧嘩をしないんだ!?」「交流を断ってでも抗議しなければならない」と主張してきました。
余りにも過激なこの意見には、賛否両論あるでしょう。これだけでは誤解されてしまうかもしれませんね。

私がドンドン喧嘩をしろ!というのは、決して「てめぇ!この野郎!!」「ぶっ飛ばすぞぉ!」という汚い言葉の応酬や、いずれは戦争をなどというものではないのです。
一部には、「そんな考えを持っていたら将来本当に戦争になってしまう。」と危惧する人もいるでしょうし、「こちらが大人になって黙っていればいずれ収まる」という意見もあると思います。


日本サッカー協会は、東アジアサッカー連盟に抗議文を出したようですが、会長がそもそも韓国人です。まともに扱うことはないでしょう。


実は、私が一番言いたいのは、

「中途半端に喧嘩をするなら何もしない方が良い。しかし、やるならば徹底的に白黒はっきりするまでやるべきだ。」

ということです。

その点では、下村文科相が「その国の民度が問われること」と述べたことは非常によろしくなかったと思っています。あくまでもその国や国民を卑下する表現ではなく、行為に対してのみ非難をすべきと考えるからです。

でないと、同じレベルでの喧嘩になってしまいます。

また、今回韓国サッカー協会の反論で、日本が旭日旗を掲げたので、韓国側もあの横断幕を掲げたと、明らかな嘘を述べました。あの横断幕は、既に試合前から掲げられていました。

2013年東アジアカップ2 (1)

ですから、これは最初から用意されていたものなのです。


ところで、この韓国の常套句となった旭日旗ですが、これは決して日本帝国軍の象徴と言われるものではありません。日本の準国旗とも言えるもので、韓国側の言うようにハーケンクロイツと同等視される類のものではありません。

これを韓国側が抗議するようになったのは、2011年にキ・ヨンソン選手が、日本戦でゴールを決めた後に猿の真似をした時、「会場の旭日旗を見て涙が出た」と、旭日旗はどこにもなかったにも関わらず、虚偽の発言をした事からエスカレートしたはずで、ここ数年のことです。

2011年

2011年3 (2)

しかし、韓国の抗議が少々強引であっても、日本側として旭日旗を掲げることを自粛させるという日本サッカー協会の判断は正しいと思います。
その時も、黙って自粛をすれば「やはり大日本帝国軍の象徴ではないか!?」と既成事実化されるので、ハッキリと大戦以前から軍のみでなく、家族の祝い事や商船にも掲げられてきた準国旗であるが、相手の気持ちを慮りサッカーの試合では自粛する。と宣言すべきです。


私が、最も今回の件に対し意見があるのは、日本側の態度です。

実は、「歴史を忘却した民族に未来はない」の横断幕は、今回が初めてではなく、2010年には既に掲げられていました。

2010年 

なぜ、その時には何も抗議をしなかったのか?それが不思議でなりません。

今から言うことが正しいかどうかは皆さん個人個人のご判断で良いと思いますが、私は異国の地で異人に囲まれて11年間暮らしていました。1匹狼で生きてきた私の経験から言わせていただけば、何も言わないということはそれを受け入れた、または相手にひれ伏したという意味と捉えられても仕方がありません。

ですから、現在のように日韓関係が微妙になる前から、韓国の応援団はこのような相手を侮辱するような横断幕を掲げていたのですから、発見した時に即抗議をすべきだったのです。

韓国人に言わせれば、「我々の論理から言えば、これは事実ではないか?」という反論もあると思います。その感情を否定する意思も権利も私にはありません。しかし、強く言いたいのは、「そんなことはスポーツの場でやるな、他でやってくれ!」ということです。

多くの日韓の子供たちが、憧れの選手たちの活躍と祖国の勝利を願って一所懸命に会場やテレビの前で応援しているのです。そんな場所に、政治を持ち込むなということなのです。

たかがスポーツですが、されどスポーツです。子供たちにとっては人間形成の重要な教育の場です。「その聖地でお前らは何をやっているのか?」という怒りを抑えることができません。

韓国の応援団の態度は、おおよそ教育とはかけ離れたものが多いのです。

下は、2010年の時のものです。

2010年2

2010年3

2010年4

その後、2011年の東日本大震災をお祝いしますという横断幕、ロンドンオリンピックの時の「独島は我が領土」のメッセージボード等、留まるところを知りません。

ところが、これまで黙ってきた日本側に突っ込むこともできるのです。旭日旗に対する韓国側からの苦情はつい最近のものですが、ならば「歴史を忘却した民族に未来はない」の横断幕も安重根・李舜臣の肖像画も、「以前から掲げられてきたのに、なんで今それを問題にするの?」と言われても仕方がないのです。

この意味で私は、「言うことはその時に言っておかなければ、後々問題が大きくなる。」と言いたいのです。


今回、私が期待しているのは、これらの事例を時系列で第3者にも分かるように抗議していただきたい。その際、相手国や国民を蔑むような表現は避け、その事例のみを抽出して抗議していただきたいと思うのです。
韓国にも多くの識者がいます。そういう識者に訴えることができるような喧嘩をしてくれというのが、私の願いです。


また、旭日旗は立派な日本国の旗であり、決して韓国の主張するようなハーケンクロイツと同様のものではありませんが、それでも相手国の気持ちを慮り、日本サッカー協会が自粛するようしているわけですから、日本のサポーターもそれは守っていただきたいと思います。

今回の旭日旗を掲げた人物は既に特定され、ネットに顔もアップされていますが、サッカー協会も本人に連絡を取って厳重注意くらいの措置は取っても良いのではないでしょうか?


今回の記事には賛否両論あってしかるべきと思いますが、やはりスポーツの場は教育の場であり、汚い言葉のやり取りや相手を蔑むような態度は絶対に慎むべきです。
それは、韓国側に要求するだけでなく、日韓双方が気をつけなければならない問題です。


最後に、日本側のサポーターが東日本大震災の支援に対するお礼の横断幕を掲げました。こういうニュースもぜひマスコミは取り上げていただきたいと思います。

また、この件で韓国や韓国人そのものを嫌いになることは良くありません。あくまでもお互いの行き過ぎた行為に対し、ハッキリとものを言うべきであり、誤解が解けたまたは双方納得のいくまで話し合えば、その時点でノー・サイドとし、あとはぐちゃぐちゃ言わない。それが、友好を深める道ではないかと思うのです。



本来、スポーツとは人種も宗教も、すべてを超えたところになければいけません。また、例え国と国との関係が良好でなくても、個人や民間の交流は関係なく行うべきと考えます。いや、政治的に問題のある時こそ、個人・民間レベルでの交流は密にしなければならないのではないでしょうか?


今回は、これまでにも増してエラそうな内容になってしまいました、すみません。


P.S.因みに、東アジア杯の結果ですが、最下位が一番上に、優勝国の日本が一番下になっています。ここまで徹底してやってくれたら、かえって気持ちいいですね。(笑

2013年東アジアカップ3
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック