切羽詰まった時に選手のセンスが表れる
2013年06月28日 (金) | 編集 |
試合を観ていると、戦い方にその選手のセンスが如実に表れます。

センスとは、動きの切れや調整力等の肉体的素質もさることながら、精神的な部分がより勝敗に関わっているように思えます。



私が選手の試合を観ていて感心する時は、決して大技を連発して6-0のストレートで勝った時だけではありません。そういう時は、何をやってもうまくいくものです。
勢いのある時は、逆に本質的な部分は見えにくいものです。

では、どのような場面に注目しているかといえば、点を取って取られてのシーソーゲームの時、1ポイント負けていて時間があまりない時、逆に残り時間あと僅かで1ポイントリードしている時等です。

こんな時は、肉体的な資質よりも、精神的な資質がよく分かるものです。


子供でいえば、自己管理のしっかりできている者は、上記の緊張した場面では強さを発揮します。逆に、自己管理の出来ていない選手は、普段は物凄く強いがプレッシャーのかかった場面ではからっきしダメになるという者がいます。


先日の某大会の時も、残り10秒を切って2ポイント負けている場面で、勝っている選手は逃げ切ろうと思い下がってしまった。負けている選手は、その試合は突きで1ポイントも取れていないので蹴りを出したが、相手はそれをわかっていて食らってしまい、大逆転負けを喫した試合がありました。

リードしている選手の敗因は、逃げに入ってしまい、蹴りしか来ないと分かっていて食らってしまったことです。そこをあまり考えていなかったことが大逆転負けを喫した理由です。
しかし、私は逆点で勝った選手が慌てずにしっかりと相手から目を離さずに追って行った場面に感心しました。そこで浮き足立ってしまえば、そのまま逃げ切られてしまったでしょう。

普通に見れば、負けた選手のポカで済まされてしまうかもしれません。でも、あの時の上段蹴りを決めた選手の目を間近で見ていた私は、「この子は、この先もこういう土壇場で競り勝つ場面を多く演出するだろうな。」と思って観ていました。

切羽詰まった場面での行動は、空手の試合だけではなく、その選手が先の人生で遭遇するであろう困難に直面した場合でも同じように勝利するのではないかと思い、楽しくなってしまうのです。


大会の時は、自分の道場の選手の活躍が気になりますが、他道場の選手でもこういったセンスの良い試合をする選手を見ると、パンフレットで名前を確認してしまいます。
次の大会の時も、良い戦いをした選手のことはしっかりと覚えているものです。

うちの生徒たちも、勝っても負けても他の先生方に名前を憶えていただけるような戦いをしてほしいと思います。もちろん、悪いことで覚えられないようにしなければいけませんけど。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック