些細なところで良くわかる
2013年04月07日 (日) | 編集 |
子供たちと遠征や合宿をしていると、本当に些細なところでその子の器というか、将来の可能性が分かることがあります。

例えば、車の中で寝ている姿です。これから出稽古や試合に行くのに車で移動する時、子供が車の中でどのように過ごすか、これは本性が良く出て面白いものです。
やはり、本番で実力が発揮できる者は、車の中で既に集中が始まっています。寝るにしても、大きな口を開けて股を広げて寝ることはしません。

本番で力を発揮できない生徒を見ていると、車の中の寝姿に共通点があります。緊張感が足りないのです。これは、大事な大会前のしぐさや態度でも同様で、ほんの些細なことでその選手の違いが良く分かります。
本番に強い選手は、試合時間が近づくにつれて徐々に集中力が増してくるのがわかります。選手によっては、それが不可解な単独行動になったり、わがままになったりなんてこともありますが、とにかく、勝ちたいという意思が良く伝わってきます。

いつも本番になると力を発揮できない選手は、逆に試合時間が近づいても、集中が増さず、行動も極めて普通です。



子供の器の判断は、突然インスピレーションのように湧いてくる時もあれば、私なりの独断と偏見の基準を設定して試す時もあります。
例えば、道場に寝泊まりしていて、「ここまでには起きてほしい」という時間を私は勝手に設定します。子供たちに起床時間は伝えません。つまり、起床に関しては自由として子供たちの様子を見ると、適度な緊張感を持っているものと、ダレているものでは起床時間が違うのです。
それも、ほんの10分ほどなのですが、私は「やっぱりな」と思ってしまう。

例えば、本番で必ず実力を発揮できる生徒は8時10分に起きるのが、本番に弱い生徒は8時20分になる。逆にそれよりも早く、7時30分に起きてしまうのもよろしくない。

というのも、

「前日の子供たちの疲れ具合や何時ごろ寝たのかを予め知っておき、私なりに朝何時から練習が始まるので、緊張感が伴っていればここまでには洗面や着替えの用意ができているだろう。それをするには何時に起きていなければ・・・」

なんて計算を私は頭の中でしているのです。これは、早ければ早いほど良いという類いのものではありません。あまり用意が早すぎても練習が始まった時には緊張感が持たず疲れてしまいます。

だから、この10分単位の時間でその子の器を計っているのです。

センスと言っいいのかどうかわかりませんが、ピタリと期待通りに起きて用意をする子供は、ちゃんと今日の行動と明日の予定を頭に入れて、逆算して起床時間を決め、計算通りに行動しているのです。


最近の子は、家での緊張感が足りないから、大事な場面で実力が発揮できない者が多いのではないかと思います。普段緊張していないから大事な場面でかえって萎縮してしまう。
大会の日に寝坊しても親が優しく起こしてくれますし、何をしなくても食卓には朝食が並んでいます。大会会場までは親の車で移動するので、ずっと寝たままで会場に着いてしまう。こんな選手が大事な場面で勝てるはずがありません。



それと、子供のそういった態度でセンスが最もわかるのは挨拶なんです。遠くから互いを確認し近づいてくる。先生に最初に「おはよう」と言われ、あとから「あっ、おはようございます」という子は、総じて本番に弱いです。緊張感が足りない証拠ですから。
だからといって、相手が遠くにいるうちに挨拶をしたらいけない。互いの間合いに入った時にいち早く言えるかどうか、これがポイントなのです。

ですから、自分の生徒だけでなく、全国クラスの大会で他道場の生徒さんに挨拶される時も、その子の間が良いかどうかを知るのが楽しみになっています。


これを考えると、子供が良い選手になれるかどうかは家庭環境に左右される場合が多いと感じますが、じゃあ子供の頃はだらしないと一生ダメなのか、家庭環境だけがその子の将来を決めるのかというとそうではありません。

やはり道場、高校や大学に入ってからの指導者次第でも大きく変わることがあります。



私は、仕事が空手になっちゃっていますから、頻繁に高校や大学にも顔を出させていただいていますが、「えっ!あのだらしないどうしようもなかったやつが随分立派になったものだなぁ・・・」と感心することがよくあります。

環境が変わって、その子の潜在能力がグンと引っ張り出されたのでしょう。面白いもので、人間は人格が向上すると人相が変わります。眼に力がなく口を開けてアホ面していたやつが、生活態度を改めるとキリッとしまった顔になるのです。

他の道場生でも、立派になった生徒を見ると、無性にうれしくなります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック