日本が海外式で海外が日本式で・・・。
2013年03月18日 (月) | 編集 |
今回のWBCを観ていて、日本の大味な野球を観ていてストレスが溜まったのは私だけでしょうか?

勝ち負けは良いんですよ。勝負ですしゲームですから勝つ時もあれば負ける時もある。でも、楽に勝てる試合で苦戦したり、大味な野球で大勝したりと、何とも日本チームらしくない野球をしているなというのが私の一貫した印象でした。

対して、こんかい日本を破ったプエルトリコや惜しくも2次ラウンドで敗戦したキューバなどは、日本を見習って緻密な野球を心掛けている。
マスコミも悪いです。ヒットを打てば好調、打てなければ不調と、結果だけを見て騒ぐ。

私は、今回の日本チームを観ていると、最強のピッチャーを前提に他のゲームを戦っているのではなく、その場その場で打つことだけを心掛けているように思えました。特に引っ張ってばかりいる打線が最も気になりました。

テレビの解説を聞いていると、桑田真澄氏が良い事を言っていました。おそらく、公共の電波に乗っていなかったら、もっともっと彼は言いたいことがあったでしょう。

特にプエルトリコ戦の敗戦は、それまで何も考えずに野球をやっていたつけがいっきにでてきたようです。逆にプエルトリコが本来の日本の野球をやっていたようです。

WBCで2連覇をしている間に海外は日本の良いところを真似し、日本は海外の大味な野球をやっていた。それが今回の結果にもろに表れたようです。

もっと、日本の良いところをわかったうえで、チームとして機能させられる監督を選ぶ必要があると思います。大降りと思い切りの良いスウィングは違います。どうもそこを勘違いしていた選手が多かったですね。

全試合を通じて井端選手の活躍が目立ちましたが、他の選手も彼のコンパクトなスウィングを見習うべきだと思いました。

スモールベースボールというよりも、完璧に守り機動力を活かす野球でしょうね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック