スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 なぜ腰を落とすのか?
2012年06月17日 (日) | 編集 |
組手の時に、「もっと腰を落とせ!」と指導者に言われることがあります。物体は、重心が低く支持面積が広ければ安定します。

世間では、安定した体勢を作るために腰を落とすと思われているのではないかと思います。

しかし、私は戦いの場での重心の安定は必ずしも良いことだとは思いません。
安定することで即座に対処できなくなることもあり得るからです。つまり、その場に居着いてしまうこともあるということです。

では、なぜ腰を落とすのか?
私は、もっとも速く反応し、敏速に動くために腰を落とすのだと解釈しています。

徒競走を思い出してください。「位置について」「よ~い」「ドン!」の三段階のうち、腰を落とした状態とは、この「よ~い」の状態だと考えます。

いつでも、「ドン」と攻撃できる状態を維持ことが目的です。

しかし、「よ~い」の状態は、カウンター狙いの時は良いのですが、腰を落としすぎると自由に運足を駆使することができません。

通常は、股関節と膝を抜いた状態でフワフワと構えるのがベストではないかと思います。


ですから、何が何でも低く構えるのではなく、やはり臨機応変が一番ではないでしょうか?

因みに、低く構えた時に、太ももの前部(大腿四頭筋)に体重を感じることは良くありません。できるだけ、大腿四頭筋は緊張させずに、脚の裏で立つ感覚が良いのではないかと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。