間合いの違い
2012年11月02日 (金) | 編集 |
海外の選手は間合いが遠いと言われます。

理由は、ここに何度も書いた通り、構えの違いが大きいことです。決して、手足が長いとか瞬発力があるから遠いのではありません。

しかし、もう一つの理由があります。それは、子供の頃からメンホーを使用せずに試合をしていることです。学連ではメンホーをしませんが、やはり高校までほとんどメンホーを着用して試合をしていれば、自ずと間合いは近くなってきます。

理解できないのが、突きが交錯した時にメンホーが「ガチャッ!」とぶつかるほど間合いが近い選手がいることです。これで、相手に突きを届かせろという方が無理です。

でも、メンホーなしで突きが交錯した時、顔と顔がぶつかるところは見たことがありません。

「突きは上段に触れてはいけない。」これを徹底すれば、私はメンホーは早くなしにしたほうが良いと思います。私は海外でも良く審判をしますが、子供の試合で怪我をしたのをほとんど観たことがありません。せいぜい、唇を切ったとかで、鼻血もほとんどないですね。

やはり、メンホーを装着しているという安心感が間合いを近くしているように思います。

間が10㎝違うと技は全く異なってきます。まず、どうやって自分の間合いに入るか、これが一番難しいのです。ですから、出来れば子供のうちから海外の子供たちと交流し、WKFルールで試合ができる環境にあれば、ナショナルチームになって日本代表で国際大会に出てもすぐに対応できるのではないかと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック