スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 無駄話は集中力を欠く
2017年05月01日 (月) | 編集 |
久々の更新です。最近は、書きたいことは相変わらずたくさんあるのですが、パソコンの前に座ることが少なくなってしまい、更新が難しくなっています。 すみません。

さて、昨日私が主催するJKFan/Yoshida Cup in Aichi 2017が行われました。

北は埼玉、南は沖縄、そして今年も海外からフィリピンと韓国が参加して昨年よりも120名も参加者が増えたことは本当に喜ばしいことです。
大会決勝戦のもようは、後日you tubeにアップしますので、ご覧ください。

さて、当道場生の試合を観ていて、思うことがたくさんありました。優勝した選手の何名かは、技術ではなく精神的な成長で勝つことができたと思います。今までは自分の都合で組手をしていました。つまり、相手のことは全く考えず、攻めたい時に攻め、相手が強いとどう攻めようか考えているうちに先にポイントを取られてしまう。そんな子が、相手の動きに合わせて技を出せるようになった。これは、間違いなく精神的な成長の証です。
また、「絶対に勝つ!」という意気込みが全身に表れ、気迫で勝利した生徒もいました。

一方、思うような結果を出せなかった生徒は2種類いたように思います。一つは、現段階では結果はそれほど気にする必要はなく、この方向性で頑張ってゆけばいずれ結果が出る生徒です。もう一つは、普段の練習で言われたことをやろうとせず、今回もその注意されていることが原因で負けてしまった生徒です。

前者は、とにかくこれまでどおり頑張ってゆけば大丈夫です。しかし、後者は事態は深刻です。「こうしたら勝てるよ。」「これを気をつけないと負けるよ!」というアドバイスは一切念頭になく、ひたすら自己流で闘い、決まって同じパターンで負けている。
しかし、こういうタイプの生徒は指導の責任もあるので、私も今よりも工夫して指導することを考えなければいけません。

昨日、最も気になったのは、会場でべらべら知り合いを見つけてはおしゃべりをする。真剣に調整をしている選手たちの隣でゲラゲラ笑ってふざけている。コート脇に並び、今から始まるのにまだベラベラと話している。
まして、それが先輩だったら。もう後輩たちはボロボロになります。つまり、先輩が後輩の邪魔をしていることになるのです。

その生徒たちには、これまでも何度か注意したことがあります。勝ちたい生徒はそういう先輩には近づきません。黙々と自分の調整をしています。人の良い生徒は、そういう先輩につかまってしまい、逃げることができずいじられていました。結果は、言うまでもありません。先輩だけでなくつかまってしまった生徒も最悪でした。

面白いもので、上記に書いた人間的に成長して勝利した生徒は、過去は同様にベラベラとおしゃべりをしていた生徒たちでした。本気で勝ちたいと思った時に、無駄話が自然になくなりました。
ですから、年齢にかかわらず本気の生徒は自分で調整の仕方を心得ているが、本気でない生徒は必ず他人を巻き込んでしまうのです。

また、ある生徒が0-6でストレート負けをしました。負けたこと自体は問題ありません。問題は、1ポイントも取れず負けたことなのです。これが1‐6であれば私は褒めるつもりでいました。1-6はいずれ3-6になり、そして5-6になり、最後は6-5で勝つ可能性があるからです。しかし、何度も突きが極まっているのに審判の旗はピクリともしない。
気合が小さい、思い切り技を出していない、残心が足りない。だから、審判の心が動かないのです。組手競技は、拳が目標に届いたから得点ではありません。得点を与えるのは審判という他人です。審判の心が動かなければ旗は動きません。
ならば、どうすれば審判の心が動くのかを考えなければなりません。そして、実行しなければなりません。

審判の心が動かないということは、人間力が足りないのです。必死さが足りないのです。だから、何度も拳が届いているのに旗が動かないということは、たとえ試合時間が10分に伸びたとしても、得点は0のままなのです。

私は、1‐6の負けよりも、0‐1の負けの方が差が大きいと考えます。前者は5点の差、後者は1点の差ではありません。自分がゼロであれば、相手との差は無限大なのです。
普段の稽古で言われていることを忠実に実行する。それができれば勝負は何とかなるのです。


話は変わりますが、とても幸運なことに、今年も沖縄から伊波光忠先生が生徒さんを連れて大会に参加してくれました。伊波先生は、古武道の世界では沖縄はもとより、世界的に名の知れた第一人者です。その伊波先生の演武を生で観れるということは、それだけでこの大会に参加した価値があるというくらい凄いことだと思いました。

ひとつだけ、心配したことがあります。技というのは、凄ければ凄いほど、理解しがたいということです。つまり、見る人が見なければ、本当の凄さがわからないということです。棒先のスピード、予備動作なくサッと飛退く身の軽さ。これは理解できますが、その元となる身体の使い方は果たして何人が理解出ているかな?なんて心配して観ていました。

門下生の皆さんも伊波先生の前に演武してくれましたが、棒・ヌンチャクの振り方が、腰➡肩➡腕を伝って手から道具の先までが見事に連動している。当然身体をクネクネさせるわけですが、あのクネクネがないと真の威力は出ない。

感心を通り越して、感激、感動する演武でした。

古武道は良いですよ。空手には不可欠のものではないかと思います。形と組手は両輪だと言われますが、本当はそれに古武道を加えて、3輪ではないかと思います。


iha

伊波光忠先生の演武


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。