スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 JKFan Cup 2016 映像です。
2016年04月27日 (水) | 編集 |
JKFan Cup 2016の大会のもようをアップしました。ご覧ください。組手の決勝戦に関しては、実況中継入りです。後半のダブルス組手で映像が乱れています。ここは現在修正を試みていますので、もう少々お待ちください。

Digest

Kumite Individual

Kata

組手の部分で、ダブルスの映像が乱れています。youtube側のサーバーの問題で、解決できないためにダブルス組手のみをアップし直しました。

Doubles Kumite
スポンサーサイト
 JKFan Cup 2016
2016年04月18日 (月) | 編集 |
先日、JKFanCup2016を、愛知県尾張旭市で行いました。この大会は、遠方からの参加者が多いのが特徴です。北は北信越・関東から、西は近畿地方から、多数の全国レベルの強豪が集まってくれました。

この大会は、メンホーを取って、足は赤青のレッグサポーターを義務付けています。レッグサポーターを持っていない人でも大丈夫です。コートにあるものを装着すれば良いのです。
毎年、海外からも参加者があり、今年もフィリピンと韓国から参加者がありました。

さらなる特徴としては、

・小中学生の部は、ビギナー(初心者)・インターミディエット(中級者)・チャンピオン(上級者)に分けているので、
 白帯でもトロフィーをもらうチャンスがある。
・すべてWKFのルールを基としている。
・ダブルス組手という2対2の試合を正式種目化している。
・古武道の部がある。
・優秀選手・最優秀選手には、アラワザ・アディダスの空手着、アディダスのバッグ等が与えられる。
・入賞できない人でも、全員(審判員含)を対象の抽選会があり、チャンプのDVD・その他豪華景品がもらえる。
・決勝戦は、エアクッション式の拳サポーターを着用する。
・決勝戦は、WKFで行われているビデオレビューを採用する。
・実況付の試合のもようを、youtubeにアップするので、世界中で観れる。

など、他に類を見ない大会です。
加えて今年は、ソフトバンクのpepper君を大会名誉会長に抜擢し、大会挨拶をしてもらい、試合中はpepper君コーナーを設置して試合の合間に遊んでもらうことも行いました。

映像と写真は、容易ができ次第こちらにもアップします。

そして、今年はヨシダソースの吉田潤喜会長のご厚意で、優勝者全員に副賞にヨシダソースを贈呈しました。

この大会は、Open大会で、誰でも参加できます。興味のある方は、来年の日程が決まりましたらこちらに告知しますので、観てください。

大会前日は、私のセミナーに140名が参加してくれました。関係者の皆様、お陰様で今年も無事に大会を終えることができました。来年は、さらなるグレードアップを考えていますので、また参加してください。

この日は、開会に際立ち熊本の震災の犠牲者の方に1分間の黙とうを捧げ、会場に義援金箱を置かせていただきました。ちょうど45000円の義援金が集まりました。この金額は、SayOss!プロジェクトに送金し、後日他の義援金と併せて被災者の方々に必ず届けます。ご協力ありがとうございました。

IMG_4742.jpg
前日のセミナーの集合写真です。

IMG_.jpg

大会後、当道場生とS模館の生徒その他との集合写真です。

 子供に感謝しましょう。
2016年04月03日 (日) | 編集 |
私は、先月ほとんど家に帰っていません。たぶん3月は4〜5日しか家にいなかったでしょう。夜帰って着替えを取って朝にはまた地方に出かける。

でも、こうして方々から声をかけていただくのはとてもありがたいことです。感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、3月後半は、アメリカに行き、直後に北海道に行き、試合を観戦しました。
つくづく思うのですが、こうして緊張しながら生徒たちの応援ができるなんて、なんて幸せなことだろうと思うのです。

そりゃ、負ければ悔しいですよ。勝つに越したことはないんです。
でも、子供が頑張って試合に出て、指導者や親を連れてきてくれた。

それを考えたら、勝っても負けても、まずは「ここに連れてきてくれてありがとう。」だと思うのです。

負けたならば、敗因はいろいろあるでしょう。でも、親がそれをあれこれ言う前に、まず子供に感謝してはいかがでしょうか?

そして、「次も連れて行ってね。」と、お願いしてみましょう。

「なんで負けたの?」と子供に怒りをぶつけてはいけません。勝負は運も大きく左右します。勝つ時もあれば負ける時もあります。

もちろん、勝つように指導するのは指導者の役目です。勝つために頑張るのは子供の義務です。

ただ、子供が頑張っているから、勝負に一喜一憂できるのですから、まず子供に感謝だと思うのです。

先週、全国高校選抜大会とはまなす杯が終わりました。わざわざ北海道まで応援に行けたのは子供の頑張りのおかげです。
一度、お子さんにありがとうと言ってみてはいかがでしょうか?

そうすれば、夏も中学生は新潟に、高校生は山口に連れて行ってくれますよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。