スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 知らないうちに損をしていないか?
2016年02月26日 (金) | 編集 |
 本人や親は気づきませんが、「この子は随分と損をしているな。」と感じることがあります。空手で勝つには、稽古だけでは勝てません。どんなに良い先生に習っても、稽古量を増やしても、致命的に欠けている点があれば、勝負に勝つことはできません。

 例えば、挨拶ができない子、返事ができない子がそうです。自分の先生には挨拶するが、他の先生にはしない。指導者には挨拶するが、保護者にはしない。こういう生徒は、勝負の大事なところで損をしているのです。別に、挨拶や返事ができるから贔屓されるわけではありません。
 挨拶や返事が習慣となり、自然にできる者は、自然と運を引き寄せるのです。

 しかし、一応挨拶をしているが、顔の表情が死んでいる、声が小さい等の者は、しないよりはましなのですが、挨拶や返事をすることで、かえってマイナスの印象を与えてしまいます。

 挨拶や返事をするから勝てるのではなく、自然にそういうことができる生活習慣が出来ているから、勝負に強いということなんですね。

 道場では空手に限定すれば先生が偉いです。そりゃ、保護者よりは空手を知っていますから。でも、人間としてはどうでしょうか?先生が一番偉いということはありません。保護者の中にも社会人として立派な方はいくらでもいらっしゃいます。人間としては、もちろん指導者として立派になれるよう心掛けなければいけませんが、保護者も社会でもまれ苦労を重ねているわけですから、誰が偉くて誰が偉くないということではありません。
 社長だから偉いということもなく、年が上だから偉いということでもありません。また、偉いから挨拶をするおのでもありません。

 挨拶は誰に対しても行うべきものです。

 ナショナルチームに入っている、または入りたいと努力している選手の多くは、とても話の受け答えが上手です。別に上の人間に気に入られようとして愛想が良いわけではありません。そんなことをすれば、すぐに見透かされてしまいますから。
 自然とにじみ出る人間性というものですかね。話をしているとこちらがさわやかな気持ちになるのです。言葉がハッキリしているし、表情が活き活きしています。

 選手として、上に行けるかいけないかは、最後はここだと思います。技術や体力で勝負が決まるのは、まだまだ低いレベルでのこと。本当の大一番で勝敗を分けるのは、最後は普段の心がけ、生活習慣です。
 
スポンサーサイト
 競技空手も科学的アプローチの時代に
2016年02月21日 (日) | 編集 |
NHK BS1にて、本日21時より45分にわたり、空手の構えを科学的に検証する番組が放映されました。見逃した方は、再放送がありますので、是非観てください。

だいたいの流れは最初にスタッフの方とミーティングを何度か行い、シナリオを作成してもらいました。昨年の全日本選手権大会の映像も随分と流れていましたが、その中で3位入賞した末廣選手がエビ型として紹介されていました。確かに、彼は普段はエビ型ですが、準々決勝の対渡辺湧選手との1戦では、彼の獲得した2ポイントの時はすべて典型的カニ型の構えでした。彼は、エビをべーうとしてカニも使いこなしていたのです。
それも、伝えてあったのですが、どうしても流れの中で彼がエビ型の典型として紹介されてしまいましたね。
あの番組のままだと、彼が古いスタイルの選手のように思われてしまいますから、一応ここで説明しておきます。

ザ データマン

いよいよ、面白い時代になってきました。

IMG_4606.jpg
IMG_4607.jpg
IMG_4609.jpg



 空手の素晴らしさは汎用性
2016年02月08日 (月) | 編集 |
このところ、空手界が急速に良い方向に変わり続けているのを肌で感じます。メディアへの露出が劇的に増加したし、競技技術も日進月歩の時代になってきました。

ありがたいことに、私のところにもいろいろとオファーが来ています。期待に応えられるよう頑張らなければいけません。

さて、某番組で空手を科学的データに基づいて検証をしてくれることになりました。過去には他競技の一流選手の強さの秘密を見事なまでに検証をしていましたが、いよいよ空手もそれらと肩を並べられるくらいになりつつあるということです。

いりいろと打ち合わせをしているうちに私得意の話の脱線がしばしばあり、関係者の方々にはご迷惑をおかけしました。例えば、速く走る方法、横綱白鳳関の強さ他、様々な競技の一流選手の動きは、空手の動きに既に内在されていることばかりなのです。

つまり、空手の素晴らしさは、様々な他分野に汎用できる点にあるということであり、自分がこの世界にどっぷりと浸かってしまった理由が再確認できたという意味で、とても充実した時間を過ごすことができました。

その汎用域は、心技体すべてにおいてあてはまるものです。

我々、空手界に生きる者にとって、本当に面白い時代になってきましたよ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。