スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 我慢を教えるということ
2015年03月23日 (月) | 編集 |
試合に勝ちたいと思ったら、道場内で良い稽古をしているだけでは足りません。稽古以外に様々な刺激が必要です。合宿、遠征、合同稽古、指導者の引率なしでの大会参加等、いろいろな状況に身を置いてみると、自分に足りないものは何かを見つけることができます。

強い道場や強い選手と自分を比較して何が違うのか?常に省みる必要があります。特に親の同伴がない状況下ならばさらに子供の本質が理解でき、他人に指摘されることでより成長を望むことができます。

それは、空手の稽古のみではありません。遠征先で自分の荷物の管理がきちんとできているか?無駄話をしないで集中できているか?試合だけでなく稽古中、常に気持ちが集中できているか?汚い言葉使いをしていないか?下品な態度を取っていないか?等、いくらでも勉強になる部分はあります。

気持ちが緩んでいると、細かな部分に顕著に出るのです。それが試合の最も大事な場面で出てしまい、致命的な敗因となることが良くあります。

これらは、どこでも言われているような当たり前のことです。どのような状況下でも考え方次第では自分にとって有益になるし、逆に否定的に捉えるとせっかくのチャンスを無駄にしてしまいます。

子供も、ドンドン至らないところ(もちろん良いところも)を他人に指摘される。それと同時に親も我が子と他の子を比べて、自分の至らない点はどこなのかを知る必要があります。自分は子供に対し過保護なのか?または、厳しすぎるか?
子供も勉強ですが親も勉強です。

子供にとって、ボロボロに負けてしまった。試合がたくさんできなかった。時には以上に寒かった(暑かった)等、その時々で満足できないことが数多くあります。その時、「もうあそこには行かない」となれば、今以上の成長はありません。親も子供が叱られたからテンションが下がり、子供の習い事に対する情熱が下がったとなれば、それ以上の親としての成長も子供の成長もなくなります。

うまく行かなかった時にどうするかで人間の真価がわかります。親もそうです。

今、最も指導者自身が自覚し、保護者や生徒に指導しなければいけないことは、「我慢」を教えることかもしれません。また、何事も自分の糧にできる知恵を養うこと。
子供に我慢を教えたければ、指導者や保護者が我慢をすることです。些細なことで一喜一憂し、「ダメだ!」と結論を出してしまうことはたいへん危険です。

いつもいつも自分にとって、または子供にとって十分な環境を与えられているはずと考えてはいけません。十分でなくともそれを役立てる方法や考え方を持てば、どんな状況下でも無駄ということはありません。

親が我慢できれば子供も粘り強い子に育ちます。親が我慢しなければ子供もあっさりと諦める人間に育ちます。そこを忘れずに指導者も親も子供を育てて行きたいですね。
スポンサーサイト
 最高の体験をしました。
2015年03月18日 (水) | 編集 |
先週から、SayOss!プロジェクトの一環として、アメリカのポートランドに行き、昨日帰国しました。
ポートランドでは、ヨシダソースで有名な吉田潤喜会長の下、関係者の皆さんの心のこもったおもてなしで、最高の時間を過ごすことができました。

子供たちは、全員ホームステイという貴重な体験ができ、我々指導者は吉田会長宅に泊めていただきました。
会長宅といっても、日本の民家の何倍だろうなんて規模ではありません。敷地面積ならば、東京ドームよりも大きいと思います。

日曜日は大会に参加させていただきましたが、驚いたことに当道場生がいつもより気持ちが充実し、動きも良かったのです。これが海外に出たものの強みです。慣れない英語でファミリーと会話をし、試合中はファミリーからの声援を受け、試合後は対戦相手と友達になる。
これで、生徒たちが笑顔になり、パフォーマンスがアップしてしまう。本当に不思議です。

海外遠征のマジックなんですね。また、海外の大会は、良くも悪くも大雑把であること。タイムテーブルは配られないし、ルールもその場で変わる。
想定外を想定していなければならない。
この雰囲気、私は好きです。

さて、私は成田を出発する前に以下のことを生徒たちに説明しました。

1 ホームステイ先は、善意で受け入れていただいている。全てが同じ条件ではない。豪邸に泊めていただく場合もあれば、庶民的なご家庭もある。他と比べて文句を言わないこと。

2 英語を話せなくても良い。わからなければジェスチャーで通じるから、何でも自分の意思を伝えること。

3 何を欲しているかは遠慮なく言って良いが、絶対に不機嫌そうな顔をしない。

4 必ず、何かを言われたら返事をすること。会話は相手の顔を見てすること。

5 ホームステイは、基本的に二人一組でしたが、話すときは二人だけで話さず、ファミリーと会話をすること。部屋にこもってゲームをしないこと。

ここに書けば当たり前のことです。でも、残念ながら特に4番さえ守れない子が多くいました。
空港でファミリーと最後のお別れの時、ファミリーが話しかけているのに、よそを向いて「うん」としか言わない者。全く下を向いて何も言わない者。
これは英語が話せる話せないの問題ではありません。
英語でなくとも「ありがとう」で良いのです。

また、総勢で70名を超える中で、大多数が小・中学生でした。全員を集めて指導者が話をしても、全く聞いていない者がいます。
空港のカウンターで搭乗手続きの時も、ずっと後ろを向いていて、呼ばれても気づかない。手続きの最中もボォ〜としていて、パスポートとボーディングパスを渡そうとしても気づかない。
そんな者も数名いました。

海外では、何かあれば日本以上に大変なことになる。我々もいつも以上に気を使います。だから、上記の生徒たちは日本以上に目立つことになります。

でも、叱られたから次は参加しないではなく、是非また参加してほしいのです。悪いところをさらけ出し、指摘され、直せば良いのです。

そして、今回の遠征が大成功に終われたのは、現地の方々の早朝から深夜までのボランティア。チームリーダーの土佐樹誉彦先生の現地とのやりとり含む膨大な調整がありました。
保護者の方も、決して安くない金額を出していただいた。

これらに対し、参加した小・中学生は、感謝の気持ちを持ってください。ただ、お金を払ったから行けたのではありません。影には膨大な時間と労力があって今回の遠征が実現しました。
感謝の気持ちを持たせるのは、我々指導者と保護者の役目だと思います。

私も今回の遠征で多くのことを学ばせていただきました。特に吉田会長のご人徳にはただただ感心し、驚くばかりでした。
生けるカリスマといっても良いでしょう。あれだけ一人一人に気を使い、退屈させず、楽しませることができる方はそうはいません。
また、人生の成功の影の努力、現在の社会貢献、すべてがメガ級の凄さです。

今回、ご自身も睡眠時間を削ってまで我々のためにご尽力をいただいた吉田潤喜会長、送迎や細かな手配をしていただいた井垣先生他現地の方々。
チームリーダーとして、現地との折衝や手配を何百時間もかけてしていただいた土佐樹誉彦先生。
皆さんのお陰で全員が貴重な体験を味わうことができました。

本当にありがとうございました。


セミナーに参加してくれた皆さんと。


入賞者には、副賞としてヨシダソースが贈呈されます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。