FC2ブログ
 教える素質よりも学ぶ素質
2013年05月14日 (火) | 編集 |
道場では、生徒全員に同じことを教えています。時間も同じ、内容も同じ。でも、ドンドン上達する生徒もいれば全く上達しない生徒もいる。

それが単なる意欲の差であれば何の疑問もないのです。上達したいから一所懸命やる。だから上達する。反面、ただ親が入門させたから来ているだけ。うまくなろうと思っていない。
これならば、単純な図式で収まるのです。

しかし、中には懸命にやっているのに一向に上達しない。同じくらいやっている仲間の一人は、ドンドン強くなっている。こんな時、上達する生徒としない生徒の差は何なのか?

これは単純に「こうだから」という答えが出ないのは事実です。

指導者の指導法や性格が生徒に合っているのかいないのかという相性の問題がまず挙げられます。

そして最近目立つのは、形を認識できない子が増えているということ。教える方が、「こうして」とやってみせても、右が前か左が前か、受けなのか突きなのかさえも認識できないから、全く真似ができない子がいる。
かと思えば、形を観ただけですぐに覚えて、ある程度は勝手にできている子もいる。

また、言われたことはやるが言われないことはやらず、結果自分の技として身に付かない。
一方は、その日にやったことを忘れずに以降の練習にも繰り返し行うことで、いつの間にか自分の技として身に付いてしまう。


道場生の中で、いつも私が言っていることを100回言い続けても全然頭に入っていない生徒がいますが、セミナーに1度出ただけでもう自分のものになる生徒がる。
何度直接教わっても覚えない者がいるが、映像で見ただけで本質を見抜いて技を盗む者もいる。


これらを一言でいえば、上達は教える側の能力よりも教わる側の能力が大切であるということです。

教わる側の能力は、生まれ持っての素質の部分も大きいと思いますが、もっと大きいのは後天的な家庭環境で培われたものだと思います。
スポンサーサイト