FC2ブログ
 なぜ四股立ち?
2012年10月10日 (水) | 編集 |
日本の選手が海外に出て、海外の選手と一緒に練習をすると、前後の動きが遅いことが目立ちます。これは、このブログで再三にわたり書いてきたように、構え・立ち方の差が大きいからです。

とりわけ、突いてから間を切るという指導をしているのは、日本ではあまり見かけません。多くは、間を切ったりしたら逆に叱られるところが多いと思います。

で、突いた後に間を切るのが正しいか正しくないかは置いといて、なぜ日本人は間を切れないかを考えてみましょう。
切ろうと思っても、どうしてもその場に居着いてしまい、間を切れないのです。

やってないからできない。と単純に結論付けてしまうと話が続きません。


私は、足で下がろうとするから下がれないのだと思っています。つまり、そのまま後ろに走ろうとしてしまうのです。懐に飛び込み中段を突いた後に、足を動かして後ろに動いても身体全体を瞬時に運ぶことはできません。

しかし、突いた後に手を強く引き、同時に後ろ足股関節を外旋させると身体全体を素早く移動できて相手の反撃よりも早く間を切ることができます。引き手を強く持つことで、いち早く真横の構えを取れるので、四股立ちを取り、サイドステップのカニ歩きで素早く後退できるのです。
この身体の使い方は、間を切るだけではありません。
この引き手と股関節が使い方がわかると、突いた後に間を詰めるのも同じ要領でできるし、横に回り込むのも同じ要領です。ということは、一つできれば全部できる。一つできなければ全部できないともいえます。

実は、この引き手と股関節を利用すれば、相手にくっついて押し合った時も絶対負けない位置取りができるんです。注意深く観ていると、大相撲の力士がこの使い方をしていますね。ただでさえ力のある力士がこの位置取りをしたら、一般人は指1本で崩されてしまいます。

私は、国際大会で日本人が投げられる場面が多くなっているのも、力ではなくこういった技の面で、まだまだ研究が必要なのではないかと思います。

ですから、押すも引くも回るもすべて要領は同じなのです。これを分かるには、四股を踏むのが一番良いでしょう。四股を踏むといろんなヒントが浮かんできます。

ということで、今回は四股踏みの動画です。通常は100回程度行ってください。

http://www.youtube.com/watch?v=XWjgVYFULtg


スポンサーサイト



 なぜ、後屈立ち?
2012年10月10日 (水) | 編集 |
私は、突く前に後屈立ちで間を詰めさせています。先日アップした動画でも、四股立ちの構えから後屈立ちになり、その後に腰を切って前屈立ちで突いています。

中には、四股立ちから前屈立ちになっても腰は90度切れるから大差ないだろうと思う人がいると思います。

しかし、間を詰めるには四股立ちのまま前進しては大変危険なのです。

まず、通常の半身の構えからそのまま前足を踏み込んで突くと、前足が前進すると同時に上体も前進します。ということは、距離が詰まる分、相手にもチャンスが生まれるということです。

ところが、真横に構え後屈立ちで前足を踏み込むと、足だけが前進し上体は前進していません。腰を切って突く時にようやく上体が前進をするのです。ですから、自分は相手に届くところに前足を置いているのに、上体は相手にとって射程圏外にあることになります。

これが、私が組手は前に踏み出さずサイドステップで運足を構築しなさいと言っている理由です。

たとえ、真横に構えていても、つま先が前を向いていると前足を踏み込んだ時に上体も同時に前進してしまいます。しかし、四股立ちのように後足のつま先が斜め後ろを向くと、前足を踏み込んだ時に上体がその場に残るのです。

組手で中段突きが決まる場面をスローモーションで見ると、半身に構えて突いた場合は、突きが決まるよりも早く腰が正面を向いてしまいます。
これでは、相手にとっても突きが決まりやすくなり、戦いやすいと印象付けてしまいます。