FC2ブログ
 呼吸と骨と内臓で動く
2012年09月30日 (日) | 編集 |
今日は、なんだか気味の悪いタイトルです。ここ数日、私が書いているのは、一言でいえばエコ空手です。筋力を使わずに最速の動きを実現する。
それには、重力を利用した重心移動が最大のエネルギー源になります。

さて、今回書くのは、単なるエコ空手ではなく、もはやハイブリッド空手の類いとなるのではないでしょうか。

筋肉を出来るだけ使わずに移動する方法です。その秘密が内臓です。人間は、胸部腹部に内臓が詰まっています。
その内臓は粘膜に包まれヌルヌルしています。
粘膜がなければ上体を曲げたり捻ったりするたびに内臓と内臓が擦れ傷ついてしまいますが、軟膜のおかげで上体を動かしてもヌルッと滑り合うので、内臓は傷つきません。

そのヌルヌルを利用するのです。


順を追って説明しましょう。

まず、呼吸で横隔膜を上げ下げして内臓を動かします。その横隔膜で内臓(主に腸)を前方にヌルッと押し出すと、少しではありますが重心は前方に移動します。
その僅かな重心移動を利用して関節を曲げ、かつ落下を利用して加速させるのです。

筋肉は、最初に横隔膜を操作して呼吸するのに使われますが、その後は、内臓を押し出し、関節を曲げ落下で重力を使うので、イメージとしては筋肉は全く使われていません。

実際には、何度も説明しているように、伸張反射で通常以上の筋力を発揮しているのですが、自分自身はまったく筋力を発揮しているという自覚がなく、それでもものすごい勢いで身体は飛んでいきます。


物体が動く時、初動時に最もエネルギーが必要になります。その時に、内臓を押し出して推進の補助エンジンとして使えば、初動が楽になり、その後の加速もスムーズに行くはずです。

犬や猫は腹筋が割れているなんてことはありません。大胸筋も盛り上がっているわけがありません。

しかし、あれだけ素早く動くことができます。もちろん、体重あたりの筋肉量は多いのでしょうが、プヨプヨのおなかで内臓のヌルヌルを利用して、脊椎の伸縮を効果的に行っていることも見逃せないと思います。


今日も、道場での稽古時に猫を道場に野放しにして、ニャンコ先生の動きを参考に呼吸と内臓と骨で動く指導を行いました。
スポンサーサイト