スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 縦(前屈立ち)よりも横(四股立ち)
2016年09月29日 (木) | 編集 |
10月発売のJKFan12月号の特集は、中段突き改造計画です。以前から、日本人の中段突きはなかなか国際試合でポイントにならないという意見を聞きますし、私もそう思っていました。

日本人の中段突きは、なぜ取ってくれないのかを考え、どうすれば取れるかを解説しています。
下の写真は、改造前のフォームです。通常、日本の選手は99%このように前進しながら突いています。真ん中の写真が日本人の典型的な特徴です。前屈立ちをベースに突いています。
あえて若干遠い距離から突かせてみましたが、この距離だと突きが届いていません。
イラスト3a
イラスト3b
イラスト3c

次に改造後の写真です。明らかに改造後の方が距離が出ています。加えて身体が開いていないので、隙がなく失点の可能性も低いと思います。これは、四股立ちをベースに中段突きを作り、最終的にこのようなフォームになりました。
イラスト4a
イラスト4b
イラスト4c

人間は縦、つまり前に移動するよりも、横に移動する方が動きやすいのです。横に動きながら腰を切れば、突きがきれいに極まります。やはり、最も重要な部分は、真ん中の写真です。面白いことに動き始めから突きが極まるまでの時間は、両方ともほぼ同じです。
でも、距離は改造後の方が遠く、身体も開かない。

この突きを身につければ、中段突きが得意技になることを保証します。
スポンサーサイト
 呼吸で組手がこんなに変わる
2016年09月09日 (金) | 編集 |
技を出すときに、呼吸を意識している人はいますか?
実は、呼吸を調節することで組手が劇的に変わるのです。

信じられないと思いますが、呼吸を工夫すると以下の効果が得られます。

・こちらが動いた時に相手の反応が遅れる。
・相手が動いた時にこちらの反応が早くなる。
・動き自体が早くなる。
・技によっては、威力が上がる。

実際に比べてみましょう。以下の写真は特に呼吸を意識せずに突いた場合です。相手は、来ると思ったときに手を上げてもらいます。5枚の写真は、0.1秒ごとに映像から写真を抜き出しました。
a
b
c
d
e
コマ送りで見ていくと、0.066秒後には相手は突くのを察知して、手を上げ始めています。今回は、ツーステップで突いていますが、ワンステップの動き始めに反応されていては、カウンターをもらってしまいますね。

では、次に呼吸を変えてやってみました。基本的に、最初のものと同じフォームで突いています。
1
2
3
4
5
驚いたことに、4コマ目でようやく反応しています。これは平均値で反応するまで0.22秒もかかっていたことになります。

ほぼ同じフォームなのに、呼吸を変えただけで相手の反応が極端に遅れる。もし、実戦でこれだけ相手の反応が遅れたら、面白いほど突きが入りますね。
これが空手の面白さです。スピードで勝負したら、いくら頑張っても自分のスピードは2倍にはなりません。でも、呼吸を工夫すると相手の反応が何倍も遅れます。

組手の動きをいくつか実験したものを、今月売りのJKFanに掲載します。興味のある人は、JKFan11月号を見てください。









 逆の事をどれだけ技化できるか
2016年06月22日 (水) | 編集 |
本日の某所での指導は、通常の学生が理解するには少々難しい内容でした。

ゆっくりと追い突きをひたすらさせたのです。ゆっくり動くと、技の完成度がよく分かるのです。つまり、速く動けばスピードでごまかせますが、ゆっくり動くとごまかしようがないのです。
突きの最後の瞬間にどれだけ体重を乗せ、力を集中させるか?ゆっくり動くと本当に良く分かるのです。

まず、ゆっくり動いているのに突きが極まる瞬間にドンと足音を立ててしまう、前屈立ちを極めてから突きを出す等、ボロが出てくるのです。

その中で、突きが極まる瞬間の極めを体得させるのに、相手の腹に当て突きの最後の極めを作る稽古をさせました。多くは、腰と肩を入れて拳を押しこんでしまいます。また、膝を伸長させる。とにかく、素人ほど押し込もうとします。

私は、技の熟練度が上がるほど、これらの逆を行うことになると思っています。

つまり素人は、
1、ドンと前足を強く踏み込む。
2、肩と腰を目標に向かって回転させる。
3、腕も必要以上に力み、腕力に頼る。

のに対し、強い突きを行うには、
1、突きが極まる瞬間に、膝裏と股関節を瞬間的に抜く。
2、肩は入れず、腰は突きが極まる瞬間に逆腰を取る。つまり、突く側の腰を引く。
3、腕は、下半身からの力を拳に伝える為の媒体であり、腕そのものの力にできるだけ頼らない。

と、全く逆の事をしなければならないのです。この動きを突きで覚えれば、基本的にはすべての技は共通して同様の身体操作をすれば良いのです。突きが手刀打ちになっても、受けになっても、体幹の使い方は同様です。

力を入れれば技が強くなるのが素人なら、力を抜けば抜くほど強くなるのが熟練者なのでしょう。
 ぬめりで動く
2016年06月20日 (月) | 編集 |
私は、以前から組手の構えは真横の方が良いと主張してきました。距離的優位性、力学的優位性から真横を奨励しているものです。

しかし、いつも強調するのは「現時点では、真横の方が良い。」ということです。ということは、将来はまたどうなるか分からないということです。もしかしたら、数十年後には半身の構えの方が再び主流になっているかもしれないのです。

ある日突然、私がJKFanで「構えは半身で!」なんて記事を書くかもしれません。

やはり、筋肉で動いているうちは、真横に構える方が優位性は動かないでしょう。しかし、将来空手の技術がもっと深く研究され、呼吸や姿勢の重要性がわかって来て、丹田の使い方が武術本来のものに近づいてくると、また構えは変わってくると思うし、そうならなければ空手の進化はありえないと思っています。

ひとつのテーマとして、筋肉で動くのではなく、内臓で動くことができれば、スピードやパワーは今以上に増してくるはずです。例えば、相手に対して撃ちこむための前進運動ですが、「後ろ足で強く蹴れ!」というのは筋肉レベル。「重心移動で前進しろ」というのは、その上のレベルだと思います。


この重心移動を脚関節の抜きで行うことは、再三にわたり書いてきました。私が強調しているのは、抜きによる重心移動と伸張反射を伴う床反力で身体を飛ばすことです。
この動きをさらに発展させると、内臓のぬめりによる重心移動が加わってきます。

「ぬめり」という言葉には、あまり馴染みがないと思います。内臓は各々粘膜で覆われ、身体を曲げたりねじったりしても傷がつかないようになっています。腹をへこましたりふくらましたりするだけでも、内臓は大きく移動します。

これをどうのように動きに応用するのかというと、横隔膜と肛門の締め、骨盤の前傾等で内臓を急激に前方にぬめらせると、重心はいっきに前方に移動します。その移動を利用して前進すると、床を蹴っているというよりも、身体が勝手に飛んでいくような感覚があります。上体が後ろから突き飛ばされたように飛んで行って、足がそれに伴ってついてくるような感覚です。

ですから、関節の可動域を広げ、筋力を上げることはもちろんですが、さらなる技術を極めるには、内臓の柔軟性と、あらゆる方向に自由に内臓をぬめらせる研究も、今後進めていってほしいと思っています。

空手の練習メニューに、腹踊りを取り入れる日も近いかもしれません。
 「しか」には「だけ」、「も」ならば「も・も・も」
2015年06月22日 (月) | 編集 |
最近の空手の試合を観ていると、随分とサッカーに似て来たなと感じます。先日のワールドカップ予選で、日本がまさかのシンガポールと引き分けてしまったことは記憶に新しいと思いますが、空手の団体戦も同じだと思います。相手のエース格の選手やポイントゲッターと勝てないまでも引き分けに持ち込めば、団体戦は有利に展開できます。それには、真っ向勝負を避けて引き気味に試合を進め、0-0のまま粘り、もし相手の集中力が途切れ隙があれば躊躇なく攻めるが、次の場面ではまた引き気味に試合を進めれば引き分けに持ち込むことができます。

では、逆の立場で相手が真っ向勝負をする気がない時に、どのように追い詰めてポイントを取るかという時の話です。例えば、これは個人戦でも団体戦でも言えることですが、大会で緊張した場面では、相手の集中力もMAXになっているし、中途半端な技ではすべてかわされるかカウンターをもらってしまいます。

こんな時に、普段どのように稽古に打ち込んでいるか選手を見ているとよくわかります。稽古のための稽古をしている者は、普段通用している技が本番では通用しません。試合のための稽古をしている者は、緊張状態でも通用する方法や、自分が不利な状況下での戦い方、格上の相手、逆体の場合等、様々な場面を予め想定してやっています。

稽古のための稽古か、試合のための稽古か、同じように一所懸命やっていても内容がまったく異なります。面白いものでこの稽古への取り組みは、年齢はあまり関係ないように思います。小学生でも試合のための稽古を行っている者もいれば、大人になっても稽古のための稽古しか出来ない者もいます。

結構、ゲーム脳の子供なんかはこういう部分の才能があったりして、稽古で様々なシュミレーションを立てていたりします。、

前置きがいつもの如く長くなりました。例えば、決勝戦で緊張した場面なると、自分の使える技も限定されてきます。相手も強いし、加えて最後の試合で集中力がありますから。
そんな時に、上段突きでポイントを取ろうとして上段突きばかり出す選手はすべてかわされて、試合の流れさえも相手に行ってしまう場合があります。上段突き「しか」なければ、相手は上段突き「だけ」注意していれば良いからです。

そんな時に、中段を1回で良いから見せておけば、展開が大きく変わってきます。中段突きでポイントを取れなくても、見せておくだけで良いのです。中段突き「」あるぞと思わせれば、相手は上段突きと、中段突きだけでなく、様々な技を想定し、あれも、それも、これも、とたくさんの「」を脳内でつくりだし、技を絞ることができなくなります。

また、自分よりも身体が小さく動き回る相手に、上段ばかり突くことは得策ではありません。そういう相手には下から攻めれば効果的です。足を軽く払うことで、相手に脛に払われた感触を残しておけば足が少し止まります。ダッキングをする相手には、中段突きと中段蹴りを見せておけばダッキングがしにくくなります。

相手の追い方も工夫が必要です。延々と短調に追い続け、相手を蝶のように舞わせてしまうと、どこかで蜂のように刺されてしまいます。まず、相手の足を止めてコーナーに追い込むか、場外に出すことも稽古中にやっておきたいものです。

今日の結論は、自分がこの技「しか」使わなければ、相手はその技「だけ」を注していれば良いので楽ですが、この技「」あるぞと見せておけば、相手はこれ「」、それ「」、あれ「」と的を絞りきれなくなる分、自分の得意な技が極まる確率が上がるということでした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。