スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「やっているつもり」が一番危険
2017年02月20日 (月) | 編集 |
このタイトルに関しては、何度も書いてきました。

毎回練習に参加しているのに、全く上達しない生徒。参加すれば参加するだけ上達する生徒。試合で同じ過ちをおかさない生徒。何度も同じ過ちで負け続けている生徒。

観察しているとこれらの生徒の間には致命的な相違があります。練習量は同じでも、来たら来ただけ学んで帰る生徒。その場ではできるけれど言わないと二度とそれをやらない生徒。
1日の成果はほとんど目に見えません。でも、それを1年も続けていると越えられないほどの差となって表れるのです。

私の指導方法は、空手そのものの稽古は、全く疲れません。ガンガンやらせることをしないからです。ほとんどが意識付けのために時間を費やします。例えば、小学生のうちから実戦感覚を磨き、練習試合を毎週のように行えば、県レベルで勝つことは可能ですし、全少・全中レベルでも優勝できると思います。
しかし、ガンガン相手をやり合って強くなればなるほど、負けの要素も大きくなっていくものです。つまり、自分の動きや作戦に癖や偏りがでてきます。

癖や偏りを出さずにいかに上達させるか?これは、正確な動きや柔軟な思考を常に脳みそに意識させて稽古することだと思います。
この時に、「自分ではやっているつもり」と思う気持ちが、上達を最も妨げるものです。やっていないのにやったつもりになっている。だから、いつまでも同じ過ちを繰り返す。

日頃の私の口癖は、「まずは、言われたとおりにやりなさい。」「大事なところは声を大きくしてはっきりと言うから、そこだけは特に徹底して気を付けなさい。」「全部完璧にできなくてもいい。まずは順番どおりに覚える。大事なところだけを特に気をつけること。」というものです。

生徒ひとりひとりへのアドバイスも、その生徒が今、最も気を付けなければいけないことを何度も繰り返し言っています。他はできなくても良いのです。課題を与えられたり、注意されたことだけを徹底して直そうとすれば、必ず指導者には伝わるのです。そして、必ず結果につながるのです。

常に自身に課題を与えて稽古している生徒。これは確実に伸びていきます。やっているつもりになって、全くやっていない生徒。これが問題です。ではどうすればやっているとみんなにわかってもらえるのか?
簡単です!10㎝短いと言われたら、30㎝長く突けば良い。声が小さいと言われたら、3倍大きな声をうるさいといわれるまで出せば良い。後ろに下がるなと言われたら、前に出続けて1㎜でも後ろに下がらなければ良いのです。

カウンターでばかり失点している。カウンターを食らうなと言われたら、相手の攻撃を常に念頭において、カウンターを食らったら今月のお小遣いはゼロでも良いという気もちでやれば良いのです。

自分では「やりすぎかな」と思うくらいが、他人から見てちょうど良いのです。


言われれば言われるほどやる気がなくなる生徒。これは指導も一番難しいですね。逆に打てば響くような生徒は、指導がしやすいです。

実は、私は今、今年5回目の海外指導に来ています。どの国に行っても、レベルは日本が一番高いです。しかし、一番教えにくいのが日本人です。海外の選手たちは、教えたら話を聞いていて正確にやってくれます。できない選手がいても周囲がすぐに教えてあげるので、私は1回言えばおしまいです。
しかし、日本では10人間違っていたら、10回教えなければならない。手を変え品を変え、工夫しなければ覚えてくれない。

日本人の子供をちゃんと教えることができたら、世界中どこに行っても空手の指導は簡単ではないかと思います。
その意味では、日本で指導者としての修行をしているようなものですから、子供たちには感謝しなければいけないですね。
スポンサーサイト
 チャリティ大盛況!
2013年09月30日 (月) | 編集 |
昨日は、尾張旭市空手道連盟のご尽力で、第3回目となるSay Oss!のチャリティを220名の参加をいただき行いました。 理事長の久野先生、案内・募集から当日の仕切りまで、獅子奮迅の活躍された古橋秀鷹先生、他お手伝い・生徒の引率をいただいた諸先生方、保護者・練習生の皆さん、この場をお借りし厚く御礼を申し上げます。
他県からも多くの参加者があり、200km以上離れた遠方から参加いただいた方もいらっしゃいました。

午前中は私のセミナー、午後は練習試合形式で行いましたが、講師を務めさせていただいた私自身も大変楽しい時間を過ごさせていただきました。

震災から2年半が経ちました。世間では復古支援はもういいだろうと思っている人もいるのではないでしょうか?私は、1980年代のアフリカの大飢饉のときに、被害の最も大きい国で空手を指導していました。フィリピンに移ると、度重なるクーデターで実際の撃ち合いをこの目で何度も観た。(私自身もアフリカで刺され、フィリピンでは軍に威嚇射撃を受けた体験があります)
ピナツボ火山の噴火は、同時期に噴火した雲仙普賢岳の100倍の規模でした。

2011年の東日本大震災は、それに匹敵する災害でした。世界中どこでも同じなのですが、1年目は日本中が支援支援で盛り上がります。しかし、2年目になるとパタリとなくなるのです。

だから、SayOss!は、今も変わらずチャリティを行い、本当に微々たる規模ではありますが支援を継続しています。

誰か、チャリティを行いたい方はいつでも連絡をください。日本中、どこでも飛んで行きます。
本当に日本中どこでも行きますよ!飛べない豚はただの豚ですから。

1380175_580697141988071_2064315466_n[1]

※220名の参加者の下、盛大に行うことができました。

1383099_580697731988012_45489164_n[1]


※じゃんけん大会で、こんなにも多くの色紙やDVD、Tシャツが当たりました。写真は、勝利者です。




 パラドックス
2013年04月10日 (水) | 編集 |
このたび、チャンプより各地でセミナーを行ってきた内容をまとめ、1冊の本にしました。

題して「競技の達人的パラドックス」です。パラドックスとは逆説であり、これまで定説と考えられてきたものを、正反対からの視点で捉え、新たな展開への第一歩とできれば良いと思い、発刊いたしました。

ぜひとも、ご一読ください。


パラドックス
 感動した・・・
2012年11月28日 (水) | 編集 |
 世界大会に行ってきて、本来ならばそのことをたくさん書かなければいけないのですが、人間というのは一度に得た情報量が多いと、脳の混乱を避けるために他の方面に逃避するようです。というよりも、これは私個人のみに言えることですけどね。

 もう、今大会を観て、本にすれば3冊分、DVDにすれば3本分くらいの情報を得たので、ジックリと出していくことにします。


 27日早朝に到着の便で、私は羽田空港に着きましたが、機内で一睡も寝れませんでした。飛行機の中では寝れないなんて性格ではありません。寝ようと思えば、車の中でも公園でも橋の下でもトイレでも寝ることができます。

 映画を観ちゃったんです。それで寝れなかったんです。飛行機で映画を観るのは、とても集中できて良いですね。実は、8年前のメキシコの世界大会の時も、帰りに観た「世界の中心で愛を叫ぶ」に感動し、日本に着くまで3回も観ちゃいました。何度見ても泣けましたね。帰国してすぐにDVDも買っちゃいましたから。

 で、今回は「おおかみこどもの雨と雪」に感動しまくり、涙が止まりませんでした。ジブリの宮崎駿監督も、この作品の細田守監督もそうですが、男から観た理想の女性像を描くのがとてもうまいと感じます。
 女性としての品格があり、信念があって気が強くて、困難にもめげなくて。

 まだ観ていない人がいたら、絶対にお勧めです。

 さっき戻ったと思ったら木曜朝にははまた海外に行くので、今度は航空会社が違うから楽しみです。何の映画に感動できるかな?

 なんて書いている余裕はありません。なんで深夜2時半すぎているのに、この記事を書いているのかといえば、1週間日本を留守にして、仕事がたまりすぎて終わらないんですぅ!(涙

 今日は終日、ネコが近くにいてくれました。今も私がパソコンに向かっていると、待ちくたびれて横で寝てしまっています。

 飛行機の中で映画を観たいから、仕事が残っているけど寝ます。それとネコが待っているから寝ます。
 幻の便?
2012年10月19日 (金) | 編集 |
今、まる1日かけてようやくトランジット先のトロントにいます。ところが、もの凄いことが判明しました!
日本を出る時に持っていたEチケットと、もらったボーディングパスの便が違っているのです。カウンターに行って訊いたところ、「Eチケットに記載の便は存在しません。間違いです。」って言われました。

おそらく、発行時にはあった便が今は廃便になったということでしょうが、それにしても何の連絡もなく便を換えられちゃうところが怖いですね。
おかげで、到着が予定よりも遅くなります。

でも、ネット環境は良いですよ。アルゼンチンのホテルではWi-fiの電波が弱くて1日の半分はつながらなかったし、チリのサンチアゴの空港もAirport Free Wi-fiなのに、線1本しか立たないからつながらない。

ラウンジに入ったら専用のWi-fiがあったのでアクセスしたら、ラウンジの中でも線1本しか立たず、結局つなげませんでした。


で、航空便の話に戻りますが、航空会社の都合で勝手に便を換えておきながら、「じゃあ、なぜここにこの便が記載されてるの?」って訊いたら、「I don't know.」ってあっさり済まされちゃいました。

私が換えたんじゃないから分からないってことでしょうね。



私は、海外であらゆる経験をしているからいいですけど、時間通り電車や飛行機が出るものだと思っている日本人が旅行したら、パニックになるでしょうね。

これもメンタルタフネスのための訓練です。焦らずに臨機応変な対応が必要です。


それにしても、出発2時間半前になりましたが、いまだに席が決まっていません。「ボーディングで搭乗カウンターに行った時に知らされるから待て」ということでした。

まあ、気長に待ちましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。