スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 タイムマシン
2013年01月06日 (日) | 編集 |
昨日、実家に戻り、今日JIJIの捜索をしてきました。午前中3時間周囲を歩き回り、ビラを店に貼ってもらいました。
実家にJIJIとKIKIの糞を置き、JIJIの寝ていたマットを縁側に置きました。少しでも自分の臭いで実家に戻った時に気づくようにと。

下の写真はそのビラです。

0179a59cf976071b21bc8d580404293468c640c881.jpg




さて、あとはもう情報を待つだけとなり、午後2時ごろから部屋の片づけをしましたが、まあ懐かしいものが出てくるわ出てくるわ。
アフリカに行った時に持って行ったケース。フランスで購入し、アフリカ諸国やフランスを回る時に使ったリュック。そして、若い時に読んでいた本がバッグいっぱいに入っていました。
読んでいる本が、大学生の時から今まで、全く変わっていない。

高岡英夫氏の本やら、南郷継正氏、小説はほとんどが歴史もので、特に司馬遼太郎氏の本がドバっとありました。海外に在住時、日本に帰国した時に買い溜めし持って行ったものです。


さて、その中で2つのグローブがあった。左右一つずつです。実は、私は中学校に上がる前の春休みに、どうしてもピッチャーになりたくて、毎日壁に向かってボールをぶつけていました。1日何百球と投げているうちに肘を壊し、それでも投げ続けていたら、医者に「もう、一生右では投げられないよ」と宣告され、中学に入学早々、「右で投げられないなら左で投げよう!」と決意し、右のグローブを買ってもらいました。

キャッチボールもみんなとできず、毎日壁に向かって投げ続け、ノックの時間になると球拾い専門、守備に付けませんでした。2か月ほどそんな練習が続きましたが、「このままでは使ってもらえない」と思い、右に戻してしまったのです。
それから、高校3年生まで6年間、肘の痛みをごまかしながら野球を続けていました。
高校3年生の夏の大会の時は、右腕の握力がゼロに近くなり、バックホームの場面が来ないよう、祈りながら外野を守っていました。
左のグローブは、高校に入って買ってもらった硬式用のものです。これは、大学生・社会人になって草野球チームに所属している時まで使い続けたものです。

011efaafbbffce55df7b63e909992625abe3500bcb.jpg




そして、次のボロボロのパンチンググラブは、大学進学と同時にボクシングジムに通い始め、プロでやっていた時に使っていたものです。今思うと、こんなにボロボロになるまで使い続けていたんですね。バンテージは、何本も持っていたので、比較的保存状態が良いです。ハンドグリッパーを握りながらシャドーを延々とやっていました。
ボクサーになって、一番きつかったのはパンチの打ち合いでも、スタミナ切れでもありませんでした。減量で飯が食えないのが一番きつかった。
もう少し私に根性があれば、別な人生もあったかもしれません。

01235eb7dff6d0e295e6726e50d9e25abdaaa8f0d7.jpg




下のヌンチャクは、海外に出る時に買って持って行ったもの。自己流でずっと振り回していました。紐が切れて何度も替えるほど振っていました。でも、これを使用したのは貧民街にうちに入った泥棒を捕まえに行く時、腰に挿して行って、向こうの武器に対抗した時くらいでしょうか?

この頃は、数年前に一度アフリカ人の強盗7人と格闘して刺されており、「俺は、空手バカ一代のマンガみたいにはいかないなぁ・・・」、なんて思っていた頃でしたから、やはり万が一のために腰に挿していましたね。
ただ、運よくこれを使って格闘することはありませんでした。

13.jpg



ってな具合に、タイムマシンのように実家の押し入れからは私が子供の頃からの宝物が続々と出てきました。まだ、裏の物置は探していないので、暖かくなったら物置のタイムマシンで過去に戻ろうと思います。
スポンサーサイト
 迷子
2013年01月04日 (金) | 編集 |
新年早々、我が家ではとんでもないことが起きてしまいました。いつも一緒に道場に行っていた黒ネコのJIJIが、年末に一緒に実家に帰り、元旦の朝に家を出たまま戻らないのです。

おかげで、正月の三日間は、JIJIの捜索に時間を費やしてしまいました。初詣も4つの神社に行きましたが、すべて願いは、「JIJIが無事に家に戻りますように」でした。



大みそかは、一緒に寝そべってボクシングのタイトルマッチを見ていたのですが、まさかそれが最後のJIJIとのコミュニケーションになってしまうとは・・・。

今の家と実家では160km離れていますから、歩いて戻ってくるなんてことは不可能です。
明日、もう一度実家に戻りJIJIを捜索します。


それにしても、もう1匹のネコが、心配そうに終日外を見ていたかと思うと、家中を走ってJIJIを探し回っていました。
車のボンネットや屋根には今まで一度も上ったことがないのですが、荷物を車に積んで家族全員が車に乗ったら、阻止するように運転席のフロントガラスに上り動きませんでした。

やはり、「今帰ったらダメ!」と抗議していたのでしょうね。


__ (70)


ということで、空手に関する記事はもう数日お待ちください。
 感じるということ
2012年06月13日 (水) | 編集 |
数年前に犬と猫の鳴き声を翻訳する「バウリンガル」と「ニャウリンガル」というものが発売され、話題になりましたが、あれはいまだに販売しているのでしょうか?

今回はコミュニケーションの話です。皆さん、犬はどのように鳴くかご存知でしょうか? 犬はけっして「ワン!」とは鳴きません。悲しい時も「ク~ン」とは鳴きません。猫も「ニャ~ッ」とは鳴きません。

では、どのように鳴くのかと言われれば、私も言えません。なぜならば人間の言葉や文字で表すことができないからです。

しかし、鳴き声から動物の感情を感じることはできます。こちらの感情を伝えたい時も、言葉には表さず感情のままに鳴けばいいのです。

いえいえ、わざわざ無理して動物の言葉を真似るよりも、人間の言葉で伝えても感情ならば確実に伝えることはできるはずです。


動物とコミュニケーションを取る時に、もっとも良くないのは、いちいち人間の言葉に置き換えて理解しようとすることではないでしょうか?

「鳴き声を人間の言葉に訳さず、動物の感情を鳴き声を通じそのまま自分の感覚に投影する」

私は、いつもそうしています。




動物もそうですが、空手の指導や分析も同じかもしれません。

私は、選手の動きを解析する時も、同様の手法を用いています。映像でも良いのですが、直接見る機会がある時は、後ろに立ってその選手の身体意識を自分の身体に投影すると、どこをどう使っているか良く分かります。

試合会場で,例え選手の後ろに立てなくても、先日の日記で書いたように、俯瞰で空間を把握して自分の意識を選手の後ろに置けば大丈夫です。

すると、「上半身を振り子のように振って入っている」「胸の意識で拳を飛ばしている」とか、「かかとから踏み込んでいる」等、その選手の特徴を感じることができるのです。


対戦相手の傾向や習性、自分の選手の欠点と長所、私も以前は徹底してデータを取り、戦術・戦略を錬ったりしていましたが、結局最後には直感が一番信用できるものです。
だから、データに基づいて事前に作戦を練っても、直前になり変更するなんてこともあったりします。



そのような感性を磨くには、もしかしたら言葉はかえって邪魔になるのかもしれません。言葉の通じない外国に一人で住んでみるとか、ひとりで動物と暮らすことができれば、このような感覚は自ずと鋭くなってくるかもしれないですね。
テーマ:空手
ジャンル:スポーツ
 始めます!
2012年06月04日 (月) | 編集 |
遅まきながらブログ始めます。JKFanにお世話になり、いろいろと偏見に満ちた記事や評論を書き始めて10年が経ちました。その間、セミナ-やら競技の達人DVDを出し、技術論を展開してきましたが、やはり補足が必要だと痛感していました。

あまり固い事を言わず、ブログに気楽に書いて行こうと思っています。ということで、ここでは、私が技術について思うこと、生徒の指導法、実際の練習を映像でアップしたりと、ほぼ100%近く、空手に関する内容になると思います。

言ってみれば、私の脳みその中身を少々お見せすることになるかと思います。

ということですが、初っ端は空手とは関係ない、猫の写真をアップしましょう。

今朝起きたら、枕元でこんな格好で寝ていました。

ダレ猫5
テーマ:空手
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。